ひと月後に水星掩蔽(水星食)が起こります2017/06/27

20170725水星掩蔽
あと数日で6月もおしまい。今日などは晴れていれば夕空に三日月が見える頃でしょう。でも梅雨真っ盛りなので、当地・茨城では月どころか太陽も満足に見えません。

そんな愚痴はさておき、ちょうど一巡り後の二日月で起こる現象をご紹介しましょう。2017年7月25日夕刻、月による水星の掩蔽現象(水星食)です。全国的に見える惑星の掩蔽としては2014年9月28日の土星掩蔽(土星食)以来、水星掩蔽としては2013年12月2日以来のレアな現象です。

左上図は当日日没頃の西空をStellariumで描いたもの。二日月なので大変細く、また高度も20°未満の低空です。この現象を観察するには「いかに早く月を見つけ出せるか」がカギとなるでしょう。現象は全国的に暗くなる前に終わる(または月が沈む)からです。肉眼ではとても見辛いので、天体の観察に適した双眼鏡か望遠鏡を用意しましょう。

20170725水星掩蔽
首尾良く月が見つかったら、機材で月周囲をじっくり見渡してください。右図のように月のすぐ左側に微かな水星が見つかればOK。周りが明るいため、図のようにハッキリ光って見えませんからご注意!明るさに目が慣れてしまわないよう、頻繁に目を休めることもお忘れなく。望遠鏡の場合「倍率を上げすぎない・下げすぎない」がコツですよ。上のほうにしし座の1等星レグルス(明るさが水星とほぼ同じ)まで見えたらVery Good!!。

このあと月は高度を下げつつ水星に接近し、やがて隠してしまいます。しばらくすると月の右下から水星が現れますが、多くの地域で月高度が5°以下となるため観察はとても難しいでしょう。みなさんの観察地の見晴らし、そして梅雨明けの天候次第。水星単体、二日月単体でもそうそう気軽に見えることはないですから、観察したい方は心して(?)取り組んでください。

20131202水星掩蔽
条件がたいへんシビアなため、都道府県庁所在地などで予報時刻・月高度・方位を計算し、下のGoogleMap上にまとめました。どうそ観察の目安にしてください。(事前に晴れれば、レグルスを使った高度や方角の確認をお勧めします。)地図内のマーカーをクリックするとデータが表示されます。なお月に隠されることを「潜入」、月から再び現れることを「出現」と表現します。必ず潜入時刻より前に月を見つけてくださいね。方位角は北が0°、東が90°、南が180°、西が270°です。どの地方も「概ね西空」でしょう。低空まで晴れると良いですね。(左画像は2013年12月2日早朝に見えた前回の水星掩蔽。撮影高度が2°未満で、月がつぶれています。)

【2017/07/25・水星の掩蔽(水星食)・予報データ】
※下に地図が表示されないときは、記事タイトルをクリックして記事単独表示させてみましょう。
  • 各マーカーをクリックすると、その地点の現象時刻や月高度などが表示されます。地名のみでデータ記述がない場所は現象が見えません。また「潜入」「出現」の片方が記述なしの場合、月が沈んでいて見えないことを意味します。
  • 惑星の場合は面積があるため、掩蔽は「パッと消える」「パッと出る」ようには見えず、数秒から数十秒程度かかります。(観測地によって変化します。)
  • 予報データはOccult(v.4)による計算です。おおよそですが標高も考慮しています。予報値は概算ですので精密観測には向きません。


参考:
アーカイブ:1.5等星以上の掩蔽

半月ぶりの彗星たち、明るい超新星も2017/05/20

20170520ジョンソン彗星(C/2015 V2)
昨夜から今朝にかけて快星が持ちそうでしたので、幾つか天体を観察しました。(※撮影画像は上方向が天の北方向、上下画角は約0.7°です。)

まず、最盛期を迎えたジョンソン彗星(C/2015 V2)。うしかい座にあって、夜半前に天頂を通過するようになりました。彗星核は明るく、尾もしっかり見えています。当初の予想より暗くなってしまったようですが、なかなか立派ですよ。

20170520ジョンソン彗星(C/2015 V2)
左画像を白黒化・反転・ハイコントラスト処理したのが右画像。彗星頭部から右上に向かうダストの尾が画像端まで届いていますね。下向き(南向き)にイオンテイルも伸びているはずですが、全く写りませんでした。抜群に空の良いところでないとダメみたいです。

20170520タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)
お次はタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)。ヘルクレス座を出て一時的にこと座を横切り、16日からまたヘルクレス座を南下中です。

半月ぶりの撮影ですが、かなり暗くなってしまいカメラの液晶ではほとんど分かりませんでした。今回は運悪く恒星に重なってしまい、なんとも情けない写真…。でもまぁ、ぼんやり広がる緑色のコマや、右下向きにシュッと伸びた短い尾が確認できますね。

20170520_SN2017eaw
さて、明け方にもうひとつ狙いたいものがありました。ケフェウス座とはくちょう座の境界にある系外銀河NGC6946に突如現れた超新星「SN2017eaw」です。アメリカのPatrick Wigginsさんが14日に12.8等級で発見したばかりですが、この明るさは超新星としてかなり明るい部類です。

左は薄明が始まる前に撮影したもので、露出は24分。フェイスオン銀河の中にたくさんの恒星が写っていますが、▲印で示した星がSN2017eawです。

NGC6946(wikisky)
比較参考として、右にWIKISKYのNGC6946のキャプチャ画像を引用しました。超新星の位置(点線円)には明るい星なんてありませんね。無数に煌めく星の中から新たに光り出した星を見つけ出すなんて、本当にすごい労力です。

明け方に北東の空高く昇る銀河なのでとても見やすいです。大きめの望遠鏡を使える方はぜひご覧ください。それにしてもこの赤く染まった銀河、いかにも遠方って感じで格好いいなあ。

参考:
ジョンソン彗星(C/2015V2)に関係する記事(ブログ内)
タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)に関係する記事(ブログ内)

おとめ座のポリマが掩蔽されました2017/05/08

20170507ポリマ掩蔽(潜入前)
ゴールデンウィーク最終日。本当に一日の最後となる7日23時台におとめ座γ星、通称「ポリマ」の月による掩蔽現象がありました。5月1日の記事で取り上げたので、ご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。

ところが当地・茨城は朝から曇り空で夕刻には雷雨となる始末。まぁその後すぐ快晴になったので、濡れたアスファルトの上に準備して待つこととなりました。今夜は月と木星がきれいに並んでいます。月齢11なので空は明るいですが、この両星の輝きは都会のど真ん中でも目を引いたことでしょう。

現象予定時刻が近づくと月はだいぶ西に傾いてきましたが、望遠鏡をのぞけば月の東(左側)にポリマがしっかり見えます(左画像)。ただ数時間前まで大気が不安定だったため、星像はこれでもかと言うほど揺らめいていました。おまけに空がとても霞み、月の周りはいつになく明るく感じました。黄砂なのか、それとも水蒸気なのか…どちらもありそう(水戸では7日に黄砂が観測されています)。タイミング良く晴れただけでもありがたいことですけどね。

拡大しなければひとつの星に見えてしまう二重星ポリマですが、今回の見所は「パッと消えずに段階的に消える」という体験。どう記録しようか悩みましたが、敢えて拡大せず「ひとつの星のように写し取る」ことにしました。どのみち大気状態がひどかったので、拡大しても写らなかったと思われます。


Mac版Safari、Chrome、Firefoxで動作確認していますが、環境によっては再生されないかも知れません。またスマホ等の軽量モバイル環境は対応してません。万人向けフォーマットではないので、見えない方ごめんなさい。
どのように消えたのか見てもらったほうが理解しやすいので、HD動画撮影したものをポリマ潜入の部分のみ十数秒トリミングし、400ピクセル四方のクロップ動画を作りました。右の枠内に表示されるコントローラーで再生してください。見やすくなるように明るさとコントラストを少し変えていますが拡大率や再生速度は撮影時のままです。また音声は省いてあります。

大気の揺らぎのため星の明るさが細かく変わりますので「均して」見てください。動画開始から3秒あまりのところで、フッと暗くなったのが分かるでしょうか。その後7、8秒ほど暗い状態が続き、今度は完全に消えます。この「暗い状態」は単独の恒星掩蔽ではあり得ないことです。重星の片方だけ隠されたため、こんな見え方になるのですね。今回たまたま主星・伴星ともほぼ同じ明るさでしたが、片方だけ極端に明るかったり、離角がもっと狭かったり、様々なパターンが考えられるでしょう。ぜひ多くの方に体験していただきたいです。

出現側は月が明るすぎ、また低くなったため大気がますます揺らいでよく分かりませんでした。一応撮影したので、時間をかけて分析してみようと思います。下左画像は出現後何分か経ってから撮影したもの。日付が8日にかわってすぐの頃で、ポリマは月の北(上側)にいます。少し経って西空に低くなった月・木星・スピカの並びを撮ったものが下中画像。下右画像はマーカーつきです。ポリマはまだ月の光芒に包まれています。

ポリマの掩蔽は来る7月28日の夜もあって、近畿以東で観察できます。今度は早い時間ですが、高度は今回の半分以下。ますます像の悪化が心配です。観察を考えている方は色々な方法を検討してみてくださいね。

  • 20170507ポリマ掩蔽(出現後)
  • 20170507月・木星・スピカ
  • 20170507月・木星・スピカ


20170508ジョンソン彗星(C/2015 V2)
(追記)
せっかく望遠鏡を出したので、夜が明ける前にジョンソン彗星(C/2015 V2)を観察しました。もう薄明時間帯まで月が残る時期ですが、沈みかけの月と薄明が目立ち始める狭間の時間、いつもの半分の露出でササッと撮影。質の悪い像でも撮れて良かった。これからしばらく満月期ですからね。

うむむ、下向きに細いイオンテイルが何本も出ている…???

参考:
ジョンソン彗星(C/2015V2)に関係する記事(ブログ内)

5月7日のおとめ座ポリマ掩蔽が面白そう2017/05/01


おとめ座
今期は木星が輝いているため「おとめ座」が探しやすくなっています。木星が南中する頃に見上げると、スピカが左下に見えるでしょう。木星はスピカから離れつつありますが、6月中旬から反転して9月上旬の夕空で3°あまりまで接近します。

さて当記事の主役はスピカでなく、おとめ座γ星。通称ポリマ(Porrima)と呼ばれる2.8等の恒星です。左のステラナビゲーター星図で示した通り、木星とスピカを使えばすぐ特定できます。この星は二重星(実視連星)のテスト星として知られていますが、スピカと同じく月の通り道に近いため、しばしば月に掩蔽される明るい恒星という側面もあります。そして今年ゴールデンウィーク終盤の5月7日深夜、月齢11の月がポリマ掩蔽を起こすのです。

単独の恒星が月に隠される場合、ほぼ瞬時に消えたり現れたりします。でも接近した二重星の場合は段階的に潜入/出現するため、面白い光度変化が期待できます。ポリマは良く整備された天体望遠鏡で拡大しないと分からないほど接近しており、時間差で消えたり現れたりする様子を楽しめるのです。なお一般には「ポリマ食」という呼称で言われますが、天体が別天体を隠す現象は「掩蔽」であり、天体の影が別天体を暗くする「食」と区別するべきもの。このブログでは正しく「掩蔽」の呼称を使います。

20170429ポリマ(直焦点撮影)
右は2日前の4月29日に撮影したポリマ。1600mmオーバーの焦点距離を持つ望遠鏡での直焦点撮影です。空の状態やカメラの画素数にもよりますが、良好な空に恵まれ、長辺4000ピクセル以上&APS-Cサイズ以上のカメラなら、バローなどで拡大しなくても1000mm以上あれば分離できるでしょう。目安としては「月を撮影したとき、月直径が長辺くらいの大きさ」であれば十分。自分の機材コンディションを知る上でも、時々このような重星の眼視観察や撮影をお勧めします。

前述でポリマの光度を2.8等と書きましたが、実はこれ「合成光度」という数値です。実視連星であるポリマは3.48等の主星Aと3.53等の伴星Bが互いに回り合う星系なのです。ですが肉眼や低倍率で分離できないため、「両星の光度から計算した仮想の光度を持つひとつの星」として扱われることも多いのです。(合成光度は単純な足し算や平均ではなく対数を使った計算が必要です。)

地球から見たポリマABの離角(見た目の幅)および位置関係(北方向から東回りに測った伴星の位置角で表す)は年々変化します。離角は2005年6月頃に0.374″まで最接近し、その後次第に離れつつあります。今年2017年5月は2.620″まで離れ、見やすくなりました。ポリマは長年の観測で大凡の軌道が分かっており、軌道図を描くことができます。(軌道要素はSixth Catalog of Orbits of Visual Binary Starsを使用、計算と描画は自作プログラム。)たいていは下左図のような主星を原点に固定した楕円軌道図を多く見かけますが、ポリマAに対するポリマBは「太陽に対する地球」のように軽いわけではなく、同程度の質量です。従って止まっているAの回りを一方的にBが回る訳ではありません。ポリマは質量比まで分かっているので、両星の共通重心を原点にして実際の運動に沿った軌道図も描けます(下右図)。なおふたつの図の縦横目盛りは角度の秒、軸方向は赤道座標系に倣って上方向を天の北にしてあります。両図は原点の取り方が異なるだけで、本質的に同じです。

  • ポリマ軌道図(主星原点)
  • ポリマ軌道図(共通重心原点)

【ポリマ掩蔽時刻】
仙台2017/5/7  23:39:0035秒
2017/5/7  23:52:35-40秒
つくば2017/5/7  23:29:5410秒
2017/5/8  0:06:18-16秒
新宿2017/5/7  23:28:129秒
2017/5/8  0:08:00-14秒
新潟2017/5/7  23:29:2615秒
2017/5/7  23:57:19-21秒
名古屋2017/5/7  23:19:046秒
2017/5/8  0:08:57-12秒
大阪2017/5/7  23:14:424秒
2017/5/8  0:09:58-11秒
島根2017/5/7  23:07:294秒
2017/5/8  0:05:31-10秒
徳島2017/5/7  23:11:403秒
2017/5/8  0:11:27-10秒
福岡2017/5/7  22:59:321.6秒
2017/5/8  0:09:13-8秒
那覇2017/5/7  22:56:26-2.2秒
2017/5/8  0:24:46-5秒

今回ポリマの掩蔽が見えるのは後述のグレージングライン地図より南西側のエリア。北海道と東北地方北部は残念ながら見えません。右表はいくつかの都市における予報時刻と、ポリマBの「現象時間差」を計算した値です(Occultを使用)。上段はポリマAの潜入時刻およびAに対するポリマB潜入の時間差、下段は出現側の同時刻と時間差です。時間差がマイナスの場合はBの現象が先行して起こります。月面の潜入(出現)位置は観察場所によって大きく変わるため、現象時刻や時間差も変化するのです。表を見ると北ほど時間差が大きいことが分かりますね。

地域限定ですがもうひとつ注目ポイント!日本で見えるポリマ掩蔽は今年3回あります。1回目は2月14日に終了しました。今回と次回(7月28日)はどちらも国内でグレージング(接食掩蔽)となるのです。今回は東北地方で起こり、具体的には下のGoogleMapの通りです。

重星のグレージングでは予報場所が何を示しているか気を付けなくてはいけません。主星と伴星とで、グレージングラインが異なるからです。今回の場合は北限界線なので、月の北側をポリマがかすめます。前出の軌道図を見れば分かるように今年のポリマはほぼ南北に並び、主星が南側です。地図下の月縁図は共通重心をゼロラインとした図になっています。黄色の小さな丸が恒星(下がポリマA)。AとBのグレージングでは現地で10km以上の差が出てしまうということです。

ポリマAでグレージング観測するならポリマBはずっと見え続けることになり、観察方法や機材によっては出入りの判定が難しいかも知れません。逆にポリマBでグレージング観測するとポリマAは最初と最後で数分の時間差に及ぶ潜入と出現が起こり、その間に同様の問題が起こるでしょう。通常のグレージング観察の倍以上に渡り観察時間を確保する必要がありそう。観測なさる場合はどの観察位置でどう見えるのか、事前にこのようなイメージトレーニングをしてくださいね。なお次回7月28日のγVirグレージングは鳥取と静岡を結ぶ南限ラインになります。近くなったらご案内する予定です。

【2017/05/07・γVirグレージング】
       

20170507月縁図

月縁図
  • 予報ラインはグレージングの北限です。恒星は月の北側の縁に接します。恒星は重星ですので観察場所の選定に気を付けてください。
  • 予報ラインはゼロライン(赤線)を基準にして2kmおきにプラスマイナス6kmまで描いています。ラインをクリックするとライン名称が表示されます。この距離は右の月縁図縦軸に対応します。
  • 赤丸アイコンをクリックすると、その地点の現象時刻や高度などが表示されます。標高が異なる所では現象内容や時刻が少しずれます。
  • 望遠鏡アイコンをドラッグすると、三脚下×印の緯度・経度・標高を測定して地図下(欄外)に表示できます。必要に応じてお使いください。なおGoogleMapの標高は実際よりずれていますので、あくまで目安に。


参考:
おとめ座のポリマが掩蔽されました(2017/05/08)……当日の観察記事です