月に隠されたレグルス、明け方には金星と木星が接近中2017/11/12

20171112月とレグルス
昨夜から今朝にかけては冬のように透明感溢れる空でした。ただ夜半過ぎまで強風に見舞われ、望遠鏡で何か撮るようなことは望めませんでした。

実は夜半過ぎに登った月がしし座のレグルスを掩蔽する現象が起こったはずですが、日本の大部分では非常に低空過ぎて見えなかったことでしょう。私の自宅アパートも周囲が住宅地なので、現象中は全く見えませんでした。

少し経って隣家の屋根向こうに昇ってきた月を望遠鏡で見ると、近くにレグルスが見えました(左画像)。もうだいぶ離れていますね。これを撮影した0:50頃でもまだ月高度は13°程度。低すぎて月面地形がぼんやりしています。でも低空までよく晴れた上に風もだんだん止んできたころで、見えただけでもラッキーです。こういうことは偶然の巡り合わせですからね。天気の神様ありがとう。

171112金星と木星の接近
明け方にはもうひとつ天文ショーが楽しめました。実は明日13日に金星と木星が満月の直径程度まで大接近するのですが、既に数日前から近づく様子が楽しめています。ただしこれまた超低空で、高くなるのを待っていると日が登ってしまうのです。なかなか見るタイミングが難しい現象ですね。

右画像は今朝5:25頃に撮影したもの。木々の間から顔を出したばかりの金星(上)と木星(下)が並んでいます。朝焼けのなかで大変美しく、これも低空までよく晴れたおかげです。撮影時点の金星高度はわずか4°。両惑星間の離角は1.5°あまり。

2017年11月中旬・金星と木星の接近
左図はStellariumによる茨城県つくば市での接近の様子(時刻設定5:30)。国内なら見える時刻に差が出るだけで、概ね似たような状況でしょう。金星は2018年1月上旬の外合に向けて次第に太陽へ接近するので高度を下げており、また木星は合を過ぎたばかりで太陽から遠ざかるように高度を上げています。

明け方に見る場合は13日と14日の離角が同じ程度ですから、天気と相談しながらぜひトライしてください。40、50分ほど先行しておとめ座のスピカが昇っているので、金星が昇る場所の良い目印になりますよ。

重力マイクロレンズ現象で明るくなった星2017/11/10

20171110アサシン彗星(C/2017 O1)
連夜いちおう晴れ間があるものの、体調不良+満月期もあってあまり観察らしいことが出来ませんでした。昨夜から今朝にかけて、夜半頃から透明度が上がって月も下弦前で影響が少なくなってきたので、久しぶりに望遠鏡を組み立ててみました。

左は1:45から撮影したアサシン彗星(C/2017 O1)。光度のピークを数週間以上過ぎて、さすがに暗くなってきました。でもまだ緑色のコマがよく広がっています。ただし天の北極から14°も離れていないため、赤道儀を向けるのにとても苦労しました。これから年末にかけてずっと天の北極付近に居座り続けながら暗くなります。

もうひとつ撮影したかったものがありました。10月31日に群馬県の小嶋正さんが発見した天体です。この天体はおうし座で見つかった変光星TCP J05074264+2447555(以下、小嶋天体と記します)と呼ばれるものですが、その後の調べで「星そのものが変光した現象ではない」ことが分かりました。通常の新星や超新星では、星が爆発急変して大きく明るさを変えます。でも小嶋天体はスペクトル分析などで「通常通りの光」だったのです。

ではどうして明るさが変わったのか?それは小嶋天体と地球との間に入り込んだ別天体の重力によって引き起こされた「重力マイクロレンズ現象」という現象でした。この現象は暗い天体のケースでは幾つも発見されていましたが、小嶋天体では通常14等だった恒星が11等まで明るくなるという劇的なもの。これならアマチュアの小さなカメラで十分写せます。(現に小嶋さんは135mmレンズ+デジカメという軽装での発見だったそうです。)

同様にアマチュアが十分撮影可能な明るい重力マイクロレンズ現象では、2006年10月の多胡昭彦さんによる発見が知られています。この多胡天体はカシオペア座の恒星で、通常11等台が7.5等まで増光しました。記事下に小嶋天体と多胡天体の「今朝の姿」を撮影掲載しました。併せて、緑矩形の範囲の光度星図(Guideによる)も引用します。光度を見積もってみてください。多胡天体は10年以上も前なので通常状態に戻っていますが、小嶋天体はまだやや明るいようです。フィルターなどを用いない素撮りなので厳密な光度比較は出来ませんが、この素晴らしい発見の一端を垣間見てくださいませ。(※緑三角で示した星が当該恒星です。光度星図の光度は小数点抜きで書いてあります。撮影画像には17等前半の恒星まで写っています。)

ところで重力マイクロレンズ現象を起こした方の天体はどこへ行ってしまったんでしょうねぇ…?

  • 20171110小嶋天体

    小嶋天体:2017年11月10日撮影
    (TCP J05074264+2447555)
  • 20171110小嶋天体星図

    小嶋天体用星図
    (左図緑矩形内)


  • 20171110多胡天体

    多胡天体:2017年11月10日撮影
    (GSC 3656.1328)
  • 20171110多胡天体星図

    多胡天体用星図
    (左図緑矩形内)


初めての恒星間移動天体か?「A/2017 U1」2017/10/28

A/2017 U1
私たちは太陽系のことをよく知っている(つもり)が故に、地球に接近する小惑星などの天体を「太陽引力に捕まった天体」、つまり太陽系に属した天体だと思い込みがちです。ところが先週19日に発見され「A/2017 U1」という仮の名が付いた天体は、どうも太陽系の外からやってきてどこかへ去って行く天体という可能性が高いそうです。上はNASAサイトからの引用で、A/2017 U1の運動シミュレーション。(元サイトはこちら。)たまたま地球近くに来たため、ハワイ大学のパンスターズ望遠鏡で発見されたようです。

小惑星や彗星などの小天体は周期的に太陽を回るものだけでなく、何千年、何万年といった長周期、または、たった一度しか太陽系中心近くにやってこない天体も存在します。それらも含めて、広い意味で太陽系近傍に群れを成す天体というイメージがあります。遠くから来る天体の起源を「オールトの雲」のような仮説領域に押し込める考え方も、「最外周まで含めて太陽系は閉じている」思考に捕らわれてるからではないでしょうか。よく説明図にある太陽系外殻のようなオールト雲のイメージを私はどうしても描けなくて、「どうして外周に球体を作ってしまうのか」分かりません。

むしろ「広大な空間に退屈している幼児さんがいっぱいいて、所々にいる保育士さんに集まっていく」イメージを持っています。保育士さん(恒星)の回りは空間密度の偏りが激しく、また誰にも捕まらない自由な幼児さん(小天体)もたくさん駆け回っている…そんな宇宙ですね。当然ながら実際ははるか外側まで宇宙はつながっています。地球大気が微粒子を弾くように「太陽系外から飛来する小天体を何らかの作用が拒んでいる」といった理論は今のところ聞いたことがありません。今回発見されたA/2017 U1は小惑星か彗星かも分からない天体ですが、何らかの理由で「太陽系外の別の恒星間からやってきた」と見なされたわけです。肝心なその理由がニュースに明記されてないので分かりませんが、文意を汲むと「異常な移動速度」と「通常の太陽周回軌道に当てはまらない」ことがキーになっているようです。

MPC(Minor Planet Center)には暫定で双曲線軌道が発表になっていました。(※楕円軌道以外の天体はすべて『一度きり』です。)あまり意味が無いかも知れませんが、太陽近傍の軌道図と、地球から見たA/2017 U1の視位置(1985年から2050年まで計算)を描いてみました(下のA・B・C図)。C図を見ると分かりますが、天体はこと座のほうからやってきて、地球軌道の南側で『スイングバイ』するようにヘアピンカーブをして、ペガスス座のほうに飛び去っていくようです。(※発見時点で既に去りつつありました。)視位置を示す薄紫曲線の右上と左の端点はこの星図の反対側でつながっています。また渦巻きを描くのは地球公転によって視点が回る「年周視差」の結果で、通常の長周期彗星などでも見られる現象。対象天体そのものの動きではありません。ともかく、この発見が事実だとすれば「恒星間移動天体」の初来日(日=太陽)ということで、めでたい!…のかな?

  • A/2017 U1星図1

  • A/2017 U1星図2

  • A/2017 U1星図3


  • 星図はステラナビゲーターによります。
  • ステラナビゲーターではこの天体の位置推算がエラーを起こすので、別途自作プログラムで計算したものを表示させています。
  • 軌道要素は記事掲載時点でMPCに載っていたものです。そもそも単純な二次曲線軌道で良いのかどうか、現時点では分かりません。遠い過去や未来では位置がずれてしまう可能性もあります。
  • 「A/2017 U1」という名称は今後変わる可能性があります。


明け方に月とアルデバランが大接近2017/10/10

20171010月とアルデバランの接近
日付が今日10日に変わる前から東に登った月のすぐ側に、おうし座の1等星アルデバランが輝いていました。数時間後に月がアルデバランを隠すグレージングや掩蔽が起こったのですが、当地・茨城は現象が見えない地域です。それでも接近する様子は楽しめるので、機材を準備して待ちました。

ところが夜半頃に西から覆い始めた雲はあっと言う間に空全体を飲み込みました。かなり分厚く、月がどこなのかも分かりません。諦めきれずに30分おきくらいに天気を確認したところ、3時を過ぎた頃から雲の薄いところを通して月が見えるようになりました。

苦労して雲にタイミングを合わせつつ、何十枚か撮影した中で比較的まともな写りのショットが左画像。月の南北を上下方向にしていますが、南端の下側にアルデバランが見えますね。これは既に最接近から20分ほど経ってしまってますが、それでも月縁とアルデバランとの離角は1′角程度です。すごく近いですねぇ!

20171010月とヒアデス星団
呆れたことに、機材を片付け終わってから急速に快晴になりました(笑)もう薄明が始まってしまいましたが、ヒアデス星団の中の月を撮りたくて、たまたま置いてあった小型機材で撮影(右画像)。これは月のカブリを除去するため、段階露光によるコンポジットをしています。

グレージングや掩蔽観測をした方はいらっしゃるでしょうか?観測情報をぜひお聞かせください。