三重の中村祐二さんがしし座に突発天体を発見2021/01/09

20210109_TCP J09370380+1657350
新年明けて10日も経っていませんが、1月8日4時前、三重県の中村祐二さんがしし座の一角に14.5等の突発天体を発見したとのこと。猛烈寒波やコロナ禍ばかりの中で、嬉しいニュースです。

昨夕から宵にかけて少し雲が出ましたが、その後は今朝まで快星。夜半に高くなったしし座の該当位置を早速撮影してみました(左画像)。ライブモニターでは存在が分からず心配になりましたが、ひとコマ撮ったらはっきり写っていました。星仲間の(の)さんの観測では若干暗くなっていたようです。

すぐ左上の銀河はNGC2928。ざっと見ただけでも軽く10個を超える小銀河が散らばっている豪勢なエリアですね。この突発天体は以前にもアウトバーストしたことのある前科者の矮新星らしいとのこと。

せっかくよく晴れているので、前後にも天体をふたつ撮りました(下画像)。ひとつはまもなく衝を迎える小惑星Seitennokai。私が所属している天文同好会の名を持つ小惑星です。来週にかけて光度ピークを迎えます。もうひとつは系外銀河M87。たまたま望遠鏡の向きを大きく変えないで写すことができそうだから撮った次第。この地味な銀河はブラックホールの撮影で一躍有名になりましたね。中心部から吹き出すジェットもよく写っています。

明け方には近くのアメダスポイントが-8.8度を記録、撮影している自宅玄関先の温度計も-7.4度でした。当地・茨城県南部では近年見ないほどの低温なのですが、数十年前の観測中にはよく見かけた数値。身に堪える寒さだけれど、本来の風土に戻ったようでちょっと嬉しい気持ちになりました。

  • 20210108_小惑星Seitennokai (1996 AQ2)

    A.小惑星Seitennokai (1996 AQ2)
  • 20210109_M87

    B.M87


接近を続ける木星と土星2020/12/17

20201216木星と土星の接近
昨日16日も良い天気でしたが、やはり夕方になると西空を雲が覆います。雲越しでもいいから木星と土星の接近を見ようと準備。結果的に一晩前より良く晴れました。15日は隣家のアンテナが邪魔な位置だったため配置を若干変更し、うまくクリア。おかげて障害物の影響も少なく、かなり暗くなるまで観察や撮影ができました。

一晩前の撮影より焦点距離を400mmほど伸ばしたのに同一視野に入ります。(実質1600mm+APS・多段階露光の組み合わせ。※画像上方向が天の北方向。)ただただ感動ですね。左画像では分かりづらいけれど、これくらいの拡大率なら木星の縞が淡く写ります。衛星は4つ全部見えました。木星の右側にガニメデ、左側は木星に近いほうからイオ、エウロパ、カリスト。イオとエウロパの間に11.2等の恒星が写りこみました。土星の衛星はタイタンとレア、それに薄っすらとテティスも写っているようです。

Fが暗くなったぶん背景の恒星は少なくなりました。もちろん露出を伸ばせばいくらでも写りますが、惑星が明るいため白飛びエリアやゴーストも増えてしまいます。強引な画像処理になってしまうので程々に抑えました。背景の恒星に対して惑星位置が動いている、という記録が取れれば十分です。

撮影時の惑星間角距離は約36.7′角。今日17日はいよいよ30′角を割り込みます。月の視直径と同じくらいですが、偶然にも三日月が2惑星と一緒に並んで素晴らしい夕景ですから、ぜひ比べてみましょう。

最接近まで残り一週間の木星と土星2020/12/16

20201215木星と土星の接近
1日よく晴れた昨日。接近しつつある木星と土星をやっと拝めそうだと早くから準備しました。ところが日没前に雲が…。またしてもダメなのかと様子を伺っていたところ、晴れたり曇ったりバタついていたため、これなら大丈夫と直感しました。(いつもなら雲が増える一方ですから。)

日暮れ(太陽中心が地平線下7°21′40″に達した時刻)から航海薄明終了(同12°)くらいまでが見頃撮り頃で、それより後は低くて模様や環がぼんやりしてしまうし、そもそも隣家に隠れてしまいます。できるだけ早く捕まえておくことがポイントですね。

左上画像は雲間を見つけつつ構図を変えずに多段階露光で撮影、木星、土星、衛星、背景の微光星までいっぺんに見えるようコンポジットしたもの。いやぁ、ディティールを残したまま階調を押し込めるのは難しい…。惑星間離角は約43.2′角。木星はガニメデとエウロパの2衛星しか見えませんでした。イオは自身の影と一緒に木星前面を通過中、カリストは木星背面を通過中。また土星はタイタンとレアが確認できます。一枚の画像で木星と土星それぞれの衛星が写ることも衝撃を受けますね。なんと貴重な…。

強めの風が吹いて難儀しましたが、良い光景を楽しめました。今月いっぱい晴れが長続きしますように。

(追記)
宵は雲があったものの、その後は今朝まで快星。ただし時々風が吹きました。機材テストを兼ねて下記を撮影。片ボケあリ、色味がややおかしいのはご容赦を。

  • 20201215アトラス彗星(C/2020 M3)

    A.アトラス彗星(C/2020 M3)
  • 20201216小惑星Seitennokai(09654/1996 AQ2)

    B.小惑星Seitennokai


皆既日食に伴う月影が南半球を通過2020/12/15

20201214-1610ut
昨夜夜半前から本日明け方にかけて皆既日食がありました。もちろん日本から見えません。右下のNASA-Eclipseサイトから引用した日食図によれば、ちょうどアルマ望遠鏡のあるアタカマ砂漠の少し南側を皆既帯が通っています。

静止気象衛星から月の影が見えるかも知れないと思い、日食開始近くの14:00UT(14日23:00JST)から終了近くの18:00UT(15日3:00JST)までモニターすることにしました。残念ながら気象衛星ひまわりから見えない位置でしたので、アメリカのGOES-EASTを使いました。

左画像はほぼ皆既中心に近い16:10UTの画像。暗くなっているのが分かりますね。ちなみに、地球右下縁近くの雲間に「サウスジョージア島と氷山A-68A」(→2020年12月12日記事参照)がクッキリ写っています。氷山A-68Aの形は特徴的ですから探してみましょう。

20201214皆既日食図
下には約30分おきに取得した画像を処理したものを並べてみました(画像元:RAMMB/画像処理は筆者)。日食に伴う月影の推移をご覧ください。冬至まで一週間と迫った時期ですから、北極側に太陽光が届いていない、いわゆる「極夜」状態であることも分かるでしょう。衛星からは天気に関係なく地球が観察できるので、実に快適で面白いです。

20230420日食可視範囲
年間で考えると日食は世界のどこかで何度か起こっていますが、日本から見えるものはしばらくありません。2023年4月20日に本州太平洋側以南でごく僅かに欠ける日食が起こるのみ(左図参照)。どのみちコロナ禍が世界的に落ち着かなければ海外へ見に行くこともままならないでしょう。当面はリモート観察になりそう…。

14:00UT14:30UT15:00UT
20201214-1400ut
20201214-1430ut
20201214-1500ut
15:30UT16:10UT16:30UT
20201214-1530ut
20201214-1610ut
20201214-1630ut
17:00UT17:30UT18:00UT
20201214-1700ut
20201214-1730ut
20201214-1800ut


参考:
アーカイブ「静止気象衛星による日食月影の可視範囲」