三重の中村さんがとも座に突発天体発見2021/04/11

20210410_TCP J08144930-2215000
4月9日21時前、三重県の中村祐二さんがとも座に14.5等の突発天体を発見したとのこと。カウントが間違ってなければ中村さんの新天体発見は今年に入って5個目となります。勢いが止まりませんね。

昨宵は薄雲が出ていたものの何とか確認撮影ができそうだったため、明るいうちから準備。ひとつ気がかりだったのは南に低い位置なので、狭い庭のどこで撮ったら建物に隠されず露出を最大にできるかということでした。宵の時間帯は付近の住人や車両の出入りが激しく、街中撮影はひどく神経を使うのです。

とも座と聞いたら反射神経的に「南半球向けの星座じゃん!」と尻込みしてしまう私ですが、不幸中の幸い(?)で、今回の突発天体は4月8日にやっと撮影できたおおいぬ座の突発天体よりも南緯が少しだけ高かったのに救われました。低空の薄雲+光害でだいぶ被ってしまいましたが、1時間あまりの露出でどうにか写ってくれました(左上画像)。周囲の星々と比べ、若干暗くなったかなという印象ですが、誤差の範囲かもしれません。これもおおいぬ座の突発天体同様に青白い色をしていました。

明け方に向かって次第に天気が良くなり、南中を過ぎていたNGC3147の超新星「SN2021hpr」を引き続き撮影できました(下A画像)。星仲間の(の)さんから「とても明るくなってる」と教えて頂いてたからです。いざ撮影すると本当にびっくりするくらい明るい!ほぼ同じ条件で撮影した4月3日撮影画像と比べてみてください。(の)さんによると現在14.9等とのこと。発見光度17.7等から大躍進です。

少し休憩してから、明け方ようやく高度が出てきて庭から撮影が可能になったアトラス彗星(C/2020 R4)にも望遠鏡を向けました(下B画像)。現時点で日本から見える一番明るい彗星で、8等前後をキープしているようです。ずっと低かったため、私はこれが初撮影。エメラルドグリーンのコマがよく広がっており、西南西に向かって短い尾も見えます。想像以上の立派さに驚かされました。かなり移動が速く、もう少しひとこま当たりの露光を抑えないと彗星がブレてしまうことも分かりました。

計算上の光度ピークはおおよそ10日後で、未明に南中を迎えるヘルクレス座の中という最高の条件。天気さえ良ければしばらく追いかけてみようと思います。

  • 20210410_SN2021hpr in NGC3147

    A.SN2021hpr in NGC3147
  • 20210411_アトラス彗星(C/2020 R4)

    B.アトラス彗星(C/2020 R4)


三重の中村さんが発見したおおいぬ座突発天体をやっと撮影2021/04/08

20210407_TCP J06154200-2756220
少し前に三重県の中村祐二さんがオリオン座に突発天体を発見したことをお伝えしましたが(4月3日記事参照)、続けざまに4月2日19時半過ぎ、今度はおおいぬ座に12.5等の突発天体を発見したとのこと。勢いが止まりません。

ずっと撮影の機会を伺っていたのですが、夕刻に雲が湧いてしまう天気が続きました。また、晴れ間があったとしても、天文薄暮終了時点で高度が15°という厳しい状態。住宅が密集している我が家からは視界が一段と狭い方向に加え、街の中心街を向くため光害も酷いです。減光していたら全く写らない可能性もあり、心配でした。

昨夕は雨雲通過の予報が出ていたものの、暗くなる頃まで西側は晴れていました。明るいうちから準備、1等星が見えたらすぐピントを出して写野導入、薄暮が残るのを気にせず撮影開始。低感度短時間露光でもモニター画面が真っ白になるほどの状況でしたが、なんとか調整しつつ撮影完了。終了したころにはすでに雨雲が頭上を覆っていました。

発掘するように画像処理を進め、なんとか写っていることを確認できました。簡易測定では15等と出ましたが、最微等級を考えるともう少し明るい印象です。青白い色をした矮新星のような風合いですが、観測しづらい位置のせいか、他の観測報告が入ってきません。もう一週間もしたら絶対撮れなかったでしょうから、なんとか記録できてひと安心。

銀河中心近くに明るい新星候補天体出現2021/04/06

20210406_PNV J17581670-2914490
天の川のど真ん中、銀河中心に近いところで明るい新星候補天体が発見されました。 発見したのはオーストラリアのAndrew Pearceさん。4月5日5時JST少し前の発見で、光度は8.4等とのこと。その後のいくつかの観測を見ると、V光度で8等前後になっているようです。

昨夕は一面雲に覆われており、三重県の中村祐二さんがおおいぬ座に発見した突発天体が撮れませんでした。でもその後は徐々に回復し、夜半前からは快星夜。ただ、かなりの強風に見舞われたため長焦点撮影は諦め、風の影響が少ない小さな望遠鏡でAndrew Pearceさんの新星候補天体を写してみました。せっかくですから銀河の中心も一緒にフレーミング(左画像)。

写真だと対象天体は天の川の光に包まれてしまい、特定するのも苦労します。でも眼視やモニター画面では微光星が抑えられますから、この明るい新星が浮かんでいました。銀河中心までの見かけの離角は約2.8°弱。ちょうど暗黒物質で暗くなってる境界をはさんで対称の位置です。なかなか印象深い光景ですね。簡易測定では7.95等でした。(夕方追記:せいめい望遠鏡による分光で古典的新星と判明したそうです。)

20210406_V1405 CASSIOPEAIE
新星候補天体が登るまでのあいだに、中村祐二さんが3月18日に発見したカシオペア座新星「V1405 CASSIOPEAIE」も撮影しました(右画像)。こちらも同じ天の川に浮かんでいますが、微光星がおとなしいエリアですから新星もすぐ分かります。

V1405もいまだに明るく、おたよりを頂いた新潟のSさんによると7.9等とのこと。私の簡易測定でも8.12等でした。いずれも明け方に見える8等前後の天体なので、まとめて観察できるのはありがたいです。いやぁ、それにしても今朝は久々に寒かった…。

板垣さん発見の超新星に再挑戦2021/04/04

20210403_SN2021hpr in NGC3147
昨日午前は晴れ間があったものの、昼ごろから次第に雲が厚くなりました。このまま一気に崩れるんだろうかと心配になったけれど、時折思わせぶりに日がさします。

日没段階では雲量が八割を越えていたので、残念ながら中村さんの突発天体発見(おおいぬ座)は写すことができませんでした。少しの仮眠後に再確認すると、今度は晴れに転じています。押し問答してるみたいな空模様…。

20210403n_double SN in NGC3147
一晩前に3コマしか撮影できなかった板垣さんの超新星候補天体AT2021hprが南中を過ぎて良い位置だったので早速撮影開始。夜半過ぎにはまた雲に覆われたけれど、それまでたっぷり露出できました(左上画像)。分光されたようで、TypeIとのこと。晴れてAT2021hprからSN2021hprになりました。

(追記)この画像に、今年発見された別の超新星も写っていたことが発覚!(右画像/反転処理。)