小惑星1998 OR2が地球に最接近2020/04/29

20200429夜・小惑星1998OR2
地球近傍小惑星「1998 OR2」がついに地球最接近を迎えました。計算上の最接近時刻は18:56JST、地球との距離は約16.36LD(=6290365km)、地球に対する相対速度は約8.7km/sです。直径2km超の天体ですから、この速度でぶつかればひとつの地方がまるまる吹き飛ぶでしょうね。

左画像は約1時間の撮影を小惑星位置基準でコンポジットしたもの。南に低い上に透明度が悪い空、光害も強い方向で難儀しましたが、何とか写りました。焦点距離500mm望遠鏡+APS-Cカメラで撮影しましたが、やはり一段と速い!今までで最も短い「一コマ45秒+間欠15秒」にしてもなお少し伸びてしまいました。

次回この小惑星がかなり地球に接近するのは2031年5月のことになりますが、今回より三倍も遠い通過です。いっぽう2079年4月の接近は今回の四分の一ほどの距離。ぶつかりはしないでしょうが、さすがにビビってしまう近さですね。明るさも6等台になる計算で、小型双眼鏡でも移動が分かるような天体ショーになると思われます。見たい方は長生きしてください。

20200430アトラス彗星(C/2019Y1)
天気が明け方まで持ったので、機材を交換してアトラス彗星(C/2019Y1)を撮影しました。相変わらず透明度が悪いままでしたが、本当にこの彗星はよく写ってくれます。

C/2019Y4のほうのアトラス彗星がいまだ話題の中心になっていて、こちらのアトラス彗星が取り上げられないのが実にもったいないです。

急に暖かくなったせいか、この夜は遠く離れた田んぼのほうからカエルの声が一斉に響いていました。今年は初めて聞くかな?

夕空に集う月・金星・星団たち2020/04/25

20200425金星・月・ヒアデス・プレアデス
穏やかな一日が暮れるころ、夕空低空に細い月が見えてきました。今夕は月と金星、加えて、おうし座のヒアデス星団やプレアデス星団が一堂に会する日。なかなか良いタイミングで晴れてくれたものです。まだ明るいうちから西空を眺めてしまいました。

薄暗さが目立つまでは星団が全く見えませんでしたが、一度目につくと位置関係がすぐ把握できました。左画像は見た感じに近いように仕上げてみました。ふたつの星団を見つけられるでしょうか?ノーヒントで探してみましょう。

暗くなるとともに月は低くなり、星団の星たちとバランスが取れるようになりました。月とヒアデス・プレアデスを拡大撮影したのが下A画像です。夕方になっても風がまだ強くて機材が揺れまくったため、これくらいの拡大でもブレが目立ちます。しかしながら、肉眼だけで十分楽しめるこの光景は一日の疲れも吹き飛ぶ美しさでした。

暗くなってから、ずっと追いかけてきた地球近傍小惑星「1998 OR2」を撮影しました。すでに天の赤道より南まで到達しており、うみへび座とろくぶんぎ座の境界付近を移動中(下B画像)。光度も11等台まで明るくなりました。地球最接近まであと4日です。

  • 20200425月・ヒアデス・プレアデス

    A.月・ヒアデス・プレアデス
  • 20200425小惑星1998 OR2

    B.小惑星「1998 OR2」


わずかな晴れ間にとらえた小惑星1998OR22020/04/22

20200421小惑星1998 OR2
曇りや雨の日が続いています。日が差さなくても歩くと汗ばむくらい暖かくなってきたのは良いけれど、空を仰いでも雲しか見えないのはどうにも息苦しいもの。

昨夜は夜半前にわずかな晴れ間が訪れたので、すかさず地球近傍小惑星「1998 OR2」を撮影しました(左画像)。地球最接近まで1週間に迫って移動速度が爆速なので、今回から焦点距離を三分の一に抑えています。霞がひどかったので全面ザラザラですが、小惑星はしっかり写りました。面白いくらいどんどん明るくなりますね。空に繰り広げられる近宇宙のスケール感を感じます。

撮影を終えた頃から雲が多くなってしまい、フラット撮影もそこそこに撤収となりました。最接近に併せて晴れてくれるか心配ですが、なるべくチャンスを逃さず観察しようと思います。

小惑星1998OR2がプレセペ星団に大接近2020/04/19

20200418小惑星1998 OR2とプレセペ星団
17日から曇り続きで、昨日はしっかりした雨模様。関東や東北ではけっこうな大雨になったところもあったようです。当地・茨城県には午後に三回もの竜巻注意情報が流れヒヤヒヤしながら過ごしましたが、夜になると急速に回復しました。

2020年3月29日記事の星図で示したように、昨夜から今夜にかけては地球近傍小惑星「1998 OR2」がかに座のプレセペ星団(M44)に接近します。でもこの星団は満月直径の3倍ほどあって、それなりに広写野の機材を使う必要があります。

いっぽう小惑星のほうは暗いから広視野向きではありません。でも何とか一緒に撮影できないか機材を考え抜き、やってみました(左上画像)。か細い軌跡ではあるものの、プレセペの北西を移動する小惑星が写ってくれました。推定光度は約13等。もう1等暗かったら難しかったかも知れません。

20200418アトラス彗星(C/2019 Y4)
まだ頑張っているアトラス彗星(C/2019 Y4)も撮影しました(右画像)。核崩壊後も安定していますね。崩壊してなかったらさぞ明るくなっていたのでしょう。

ただ、もう宵空でだいぶ低くなってきたので、我が家からは隣家が障害になりつつあります。光害もあるし、あまり家屋に望遠鏡を向けたくもないし…。悩ましいところです。