部分月食は雨…2023/10/29

20231029_17723月
本日明け方、月は満月を迎え部分月食を起こしました。当地・茨城県南部は夜半過ぎまで何とか月が見えていたものの、3時には皆曇、月食開始時には小雨が降ってきました。予想していたとは言え残念です。

左画像は29日00:20頃の撮影で、太陽黄経差は約177.23°、撮影高度は約61.39°、月齢は13.89。満月の約5時間前ですから西側(左側)リムが若干欠けています。月食に向かう満月の特徴で、欠けが南にも北にも偏ってないことが見て取れます。また測心での秤動は緯度秤動-0.607°、経度秤動3.797°で、南北の向きもほとんど片寄りがないのに驚きました。スミス海や縁の海が見え、グリマルディがスリムなので東西の向きは偏りがありますね。

撮影中も何度も雲が通り、苦労しました。残念ながら拡大撮影はできなかったけれど、雲越しに明暗境界側の地形をひと通り確認できたのは幸いでした。次の月食は少し間がありますが、2025年9月8日未明の皆既月食でしょうか。(※その半年前の3月14日は東日本の一部や北海道で月出時の部分月食終了直前ですのでほぼ見えません。)翌年2026年3月3日にも皆既月食が起こります。しばし我慢して待つとしましょうか。


20231029部分月食
【追記】
愛知県にお住まいの星仲間から部分月食の画像を送っていただきました。感謝です。夜明けの空は色や明るさがどんどん変わる上に雲もあったようで、撮影や画像処理が大変だったことでしょう。(※自動撮影だったそうですが…。ヘタすると白飛びしますからね。)それにしても美しい…。