山形の板垣さんが古典新星を発見2023/05/18

20230518_TCP J17583414-2652300
17日2時前、山形県の板垣公一さんがいて座に12.0等の突発天体を発見したとのこと。当日明け方に近くの別天体を撮影していたので薄明中に望遠鏡を向けてみましたが、運悪く近くの樹木に邪魔されてしまいました。気を取り直し、今朝方再挑戦。いて座が辿れないくらい透明度が悪かったものの、何とか写し取ることができました(左画像)。

該当の星は早速せいめい望遠鏡によって分光され、「Reddened Classical Nova」ということが判明しています。左画像では真っ赤に写っていますね。観測に使われる赤や近赤外に強いCCDと違って市販の冷却CMOSで撮ってますので、見た感じの等級が少し暗い印象です。

このほか、16日20:20過ぎに三重県の中村祐二さんがおとめ座に14.0等の突発天体を見つけています。これも昨夜日付が変わる前に撮影してみました(下A画像)。色が飛んでしまいましたが、原画では水色をしていました。この天体は既にZTFが16.55等の天体として報告していた「AT2023iez」と同一のようで、突発的な増光のようです。

もうひとつ、増光が報じられているATLAS彗星(C/2023 E1)を日付をまたぐ頃に撮影(下B画像)。最初はどこにあるのか見えないほど淡く広がっており、スタックしないと分かりませんでした。光害の多い市内では3分角程度しか写りませんでしたが、条件が良いと倍以上広がっており、それが等級を押し上げているのだろうと思われます。七夕のころ天の北極に10°以内まで接近し、10等より明るくなる見込みとのこと。梅雨の時期ですが、うまく晴れてくれると良いですね。

  • 20230517_TCP J13070070+0659214

    A.TCP J13070070+0659214
  • 20230517_ATLAS彗星(2023 E1)

    B.ATLAS彗星(C/2023 E1)


今日の太陽とハロ現象2023/05/18

20230518太陽
昨夜は透明度の悪い快晴、今日は午前中に少し雲が出ていましたが、午後はほぼ青空になりました。ただ夕方以降は雲が多くなる予報で、明日から明後日にかけてまとまった雨になる予報です。気象庁アメダス速報値の本日0時から15時までの集計による夏日地点数は584、真夏日地点数は280、猛暑日地点数は5、酷暑日地点数は0。15時までの最高気温は福島県・梁川(ヤナガワ)ポイントの36.2度です。

20230518太陽リム
左は13:40ごろの太陽。昨日強いフレアが発生した左下リム付近から新しい活動領域13310が出てきました。黒点の奥にプラージュが見えています。赤道を挟んで北半球側のリムにもプラージュが見えていますね。相変わらずダークフィラメントが多く、右上のものは一部が光球外へ飛び出してプロミネンスとして見えています。

【夕方追記】
日が傾くと共に薄雲が張り出してきました。よく見ると淡い内暈と幻日を伴っています(下A・B画像)。右側の幻日はほとんど見えず、左側も知ってないと見逃すレベルでした。

  • 20230518内暈

    A.内暈
  • 20230518幻日

    B.幻日