見事なセンタームーンでした2021/10/24

20211024_21415月
今日明け方は素晴らしいセンタームーン日和でした。

昨日の記事に書いたように、本日24日2:30前後に見えた月は、日本のどこで見ても「見かけの月面中心」と「月面座標原点」とがほぼ一致する状態になりました。見かけの中心とは月を(欠けていないものとして)円に例えたときの幾何中心、また月面座標原点とは月面上で緯度経度ともゼロの地点のこと。普段見ている月は秤動(首振り)によって両者が一致することはなかなかありません。

左は2:26に撮影したもので、太陽黄経差が約214.15°、撮影高度が約72.0°、月齢は17.26。気温が4度台まで下がり、この時期にしてはとても寒かったのですが、おかげで一晩中冬のような透き通る月夜になりました。首が痛くなるほど高い位置に差し掛かった月はあまりに神々しすぎて、言葉が出ません。オニール橋付近や若干影が出てきたアルタイ断崖など、見どころがたくさんあって目移りしてしまいます。

20211024_月の中心
中心付近を拡大してみたのが右画像。見やすいよう少しコントラストを上げてあります。また自作プログラムによりクレーター位置や緯線経線も重ねて描きました。黒文字と矢印で各中心を示しましたが、極めて近かったことが分かりますね。

昨日の記事では2:30頃と書きましたが、当地でもう少し詳しく計算すると2:26頃が一番小さくなるため、この時刻に撮影しました。(※観察場所により秤動量の極小時刻は若干変化します。)撮影時の測心緯度秤動は-0.09097°、測心経度秤動は0.02720°、秤動量は0.09495°。これまでに撮影した中でいちばんパーフェクト・センタームーンに近い状態となりました。快晴夜になったことに感謝です。

概算ですが、今回のように「中央が光った状態(センター位置が視認できる状態)」で国内領域を横切るパーフェクト・センタームーンは2036年11月11日や同年12月8日まで起こらないようです。アジア域まで広げると2024年9月19日や2027年から2030年にかけての晩夏-秋ごろに何度か起こります。


コメント

トラックバック