三重の中村さんが発見したおおいぬ座突発天体をやっと撮影2021/04/08

20210407_TCP J06154200-2756220
少し前に三重県の中村祐二さんがオリオン座に突発天体を発見したことをお伝えしましたが(4月3日記事参照)、続けざまに4月2日19時半過ぎ、今度はおおいぬ座に12.5等の突発天体を発見したとのこと。勢いが止まりません。

ずっと撮影の機会を伺っていたのですが、夕刻に雲が湧いてしまう天気が続きました。また、晴れ間があったとしても、天文薄暮終了時点で高度が15°という厳しい状態。住宅が密集している我が家からは視界が一段と狭い方向に加え、街の中心街を向くため光害も酷いです。減光していたら全く写らない可能性もあり、心配でした。

昨夕は雨雲通過の予報が出ていたものの、暗くなる頃まで西側は晴れていました。明るいうちから準備、1等星が見えたらすぐピントを出して写野導入、薄暮が残るのを気にせず撮影開始。低感度短時間露光でもモニター画面が真っ白になるほどの状況でしたが、なんとか調整しつつ撮影完了。終了したころにはすでに雨雲が頭上を覆っていました。

発掘するように画像処理を進め、なんとか写っていることを確認できました。簡易測定では15等と出ましたが、最微等級を考えるともう少し明るい印象です。青白い色をした矮新星のような風合いですが、観測しづらい位置のせいか、他の観測報告が入ってきません。もう一週間もしたら絶対撮れなかったでしょうから、なんとか記録できてひと安心。

夜明けの月2021/04/08

20210408夜明けの月
今日明け方も細い月が木星・土星と列を成すはずだったのですが、雲が多くて敗退。すぐ近く、お隣の千葉県との県境あたりまで雨の地域が残っていたため仕方がありませんでした。

明るくなり始めた空を名残惜しく眺めていたら、低空の雲の切れ間から月が顔を出してくれました。

太陽黄経差は約311.33°、撮影高度は約10.1°、月齢25.39。像は揺らめきっぱなしでしたが、すかさず記念撮影しておきました(左画像)。画像水平を実際の水平方向に合わせてありますから、太陽がある方向が分かりますね。色補正しちゃってますけれど、実際はかなり赤味がかっていました。

今日の太陽2021/04/08

20210408太陽
昨夜は宵以降、ほぼ曇り。明け方から少しずつ晴れ間が広がり、昼前までは青空でした。でも午後になると急激に雲が多くなりました。関東の一部で雨が降っています。

20210408太陽リム
左は9:40前の太陽。活動領域12813は右上リムぎりぎり。昨日小黒点が見えた左上の領域は消えてしまったようです。右辺の所々から明るいプロミネンスが見えていました。かなり淡いけれど、左上リムからとても高く真っ直ぐに伸びたプロミネンスが出ています。