超新星SN2021Jがとても明るい2021/01/31

20210131_SN2021J
今年1月1日、ZTF(Zwicky Transient Facility,USA)がNGC4414に発見した超新星SN2021Jが増光しているとの情報を観測家のSさんがお知らせくださいました。昨夜から今朝は月が大きかったけれど、試しに写してみることにしました。

発見時の光度は17.0899等(g-ZTF filter)、Type Iaとのことでしたが、23日の時点でなんと12.4等。アマチュアの望遠鏡で眼視観測できるレベルです。ところが撮影となるとかなり難しい…。なぜなら、銀河核のすぐ近くなのです。銀河核そのものが明るい上に超新星も明るく、かつ接近しすぎているため、感度の良いCCDセンサーで微光星まで写すつもりで露光すると、完全に一緒くたになり飽和します。

望遠鏡を向けると、モニター上での銀河は淡くて見えないのに超新星ははっきり光っていて驚きました。幸か不幸か月明かりで背景が明るかったので、露光を通常の半分に抑え、一コマ試写したらしっかり写ってくれました。銀河核と超新星の色が全然違うため、白黒よりもカラーセンサーのほうが判別しやすいです(左上画像/インサート画像はセンサー等倍)。

超新星は銀河核の約4.3″ほど南南西にあるのですが、ややこしいことに、更に南南西すぐ近くに恒星が並んでいます。間違ってこの恒星のほうを超新星と紹介している海外サイトが見受けられました。観察にチャレンジする方は十分ご注意ください。月明かりが去る頃まで明るければ、もう一度観察したいと思います。

20210131_20326月
SN2021Jが昇るまでの間、月を観察しました(右画像)。下弦まではまだ日数がかかりますね。日が当たりすぎているけれど、場所を知っていれば月面K地形が辿れます。一晩前に続きオリエンタレ盆地が確認できました。オニール橋あたりも目立ってきましたよ。

1月最後の日はなんとか晴れそうですが、2月最初はちょっと崩れる予報です。



参考:
超新星SN2021Jは減光に転じてるようです(2021/02/03)

今日の太陽2021/01/31

20210131太陽リム
朝からよく晴れていてます。近くの河川敷で野焼きをしているためか、大気が若干煙い感じがしました。風向きの関係でそんなに影響はないはずなのですが…。昼には気温が10度を超え、いつものように季節風が強まりました。風速はだいたい6m/sオーバーです。

20210131太陽リム
左は10:10過ぎの太陽。南半球の活動領域12797と12798がリムに近くなり、その辺りから明るいプロミネンスが出ていました。見辛いけれどプラージュもありますね。北半球の12800もリムに近くなっています。

20210131-0430UT_SOHO-LASCO-C3
1月最後、太陽観測衛星SOHOのLASCO-C3カメラには合を過ぎた土星と木星が見えています(右画像/SOHOサイトより引用)。もう4日ほど経てば水星が入ってきますが、その前に土星が見えなくなります。※約1年1ヶ月前の2020年1月5日には3つの惑星が写っていました。

なお右画像にはやぎ座(略称Cap)とみずがめ座(略称Aqr)の星が写っています。ここは星座領域が入り組んでいるところで、やぎ座領域に部分的にみずがめ座領域が食い込んでいるところ。黄道が北に太陽直径程度ずれていたら、「やぎ座→みずがめ座→やぎ座」という事になってしまったでしょう。黄道に大きく食い込んでいるへびつかい座は有名ですが、他にも「もう少しずれていたらこの星座が入ってた」というところは何ヶ所かあります。探してみてください。