今日の太陽と黄砂2021/01/14

20210114太陽
昨夜から夜半すぎまで雲が多かったですが、1時頃から徐々に快星に転じました。何か観察したかったけれど体調が優れなかったので大事を取ってお休み。今日は朝から雲ひとつ無い天気。地面もやっと乾いてきました。

20210114太陽リム
左は10:30頃の太陽。活動領域はありません。右上リムには昨日と少し違う位置に大きなプロミネンスが見えました。左やや下リムからもやや規模が大きなプロミネンスが現れています。

ときおり風がやや強く、また空が霞んでいます。太陽撮影もゲインを1割ほど増す必要がありました。西日本の一部では黄砂が観測されています。関東にも来ている可能性があります。右下は本日15:00の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ものすごく太い砂色の帯が日本海を渡っていますね。2017年4月23日記事にまとめましたが、これまでにも1月の黄砂飛来は何度もあり、最も早い観測は2014年の「1月1日(長崎)」でした。

20210114-1500jst衛星画像
ところがこれは今や公式記録として閲覧すらできません。残念なことに全国多々あった気象庁の黄砂観測ポイントが、昨年までに11地点まで減らされてしまいました。現存しないポイントは「無いもの」扱いとして気象庁HPから跡形なく消えてしまったのです。もはや連続した統計が取れなくなりました。(※私は手元に残してあった個人的な記録のみを見ながら当記事を書いてます。)国の予算配分が必要な基礎観測にすら回らなくなっていることは由々しき事態ですね。

四天体の会合は全部揃わず…2021/01/14

20210114天体会合
4日前の1月10日に「木星・土星・水星」の相互接近がありました。今夕はその三惑星に加え、昨日新月を迎えたばかりの初月が加わった「四天体会合」が見える予定でした。木星と土星が太陽にぐんぐん接近してることに加え、昼間の太陽の様子から空の透明度が落ちていることが分かっていたためあまり期待はしなかったけれど、どこまで見えるか確認するため、4日前に撮影した陸橋まで散歩に行くことにしました。

日没後に現場到着すると、案の定150km先の富士山が全く見えません。空に向かって富士山のシルエットが作る反薄明光線が見えたため、位置の再確認はできました。あとは暗くなるのを待つばかり。低空がドロッとして暗く濁っています。今日観測された黄砂の影響も否定できませんが、大部分は日中の暖かさによる水蒸気のせいでしょう。なにしろ桜が咲きそうな気温でしたからね。

20210114天体会合
少し経つと極細の月を双眼鏡で発見、続いて木星と水星を確認。その後肉眼でも見つけることができました。しかしながら土星は最後の最後まで無理でした。もともと暗い上に、ちょうど超低空の濁った大気層にかかる位置だったから仕方ないですね。10日並の透明度だったら見えたかも知れませんが、こればかりは時の運。

条件を変えつつ、十数分の間に50コマほど撮影(左上画像)。名残惜しみつつ帰途に付きました。どこに何があるかは右のマーカー入り画像で確認してください。特殊なアルゴリズムで薄明中の微光天体の光だけを若干強めてあります。実際はほとんど見えないような弱いコントラストでした。