2020年の台風23号が発生2020/12/20


20201220-0600ut台風23号
気象庁によりますと、18日21時より「台風になるかも知れない」とされていた熱帯低気圧が、本日15:00に台風23号「クロヴァン/KROVANH」になったとのこと。直前の台風22号発生から41日後、22号消滅から34日と15時間後の発生です。

左は発生時の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、薄水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。赤点線円は台風中心の直径1000km円を表しています。

23号はのもとになった熱帯低気圧はフィリピン諸島南部にありましたが、もう西側へ抜けました。日本への影響は少ないものと思われます。でも現地では年末押し迫る時期なのに落ち着いてられませんね。影響が少なくなるよう、祈っております。

コメント

トラックバック