明け方の月と月面K2020/11/04

20201104_21454月
昨日は朝から雨で、昼には上がったものの丸1日天気がよくありませんでした。夜になり、21時頃からだんだん晴れてきましたが、夜半過ぎまでは時々雲が押し寄せました。

まだ満月期なので暗い天体を追うのは難しいだろうから、月と火星に対象を絞りましたが、大気のゆらぎが半端ない…。視直径が大きい月でさえシャープさが全くありません(左画像)。火星も撮りましたが、どんな処理をしても地形模様が浮かんでこなかったのでボツ。明け方には雲も取れて透明度が良くなったものの、シーイングは悪いままでした。

今朝方には月面K地形の日没が見頃だったので、なるべく明け方近く、低くならないうちに月面観察しました。左は3:40頃の撮影で、太陽黄経差は約214.54°、撮影高度は約60.5°、月齢は17.97。

20201104月面K
ちょっと暗いですが、右下欠け際の大きなジャンセン・クレーター少し上に月面Kが見えています。撮影時のK地形から見た太陽高度は約1.89°。1.0°から0.5°あたりがいちばん見やすいかと思われます(→参考記事)。でもこの地形が見えるのは月齢的に夜更けから明け方が多いため、一般向けではないのですよね…。

追記:右にK地形周囲のみ切り出してコントラストを付けてみました。ジャンセン+周囲のクレーターはうさこちゃんor中トトロみたいに見えますね。もう少し時間が経つとK地形は周囲から完全に独立して線も細くなります。

参考:
アーカイブ:月面の観察

今日の太陽2020/11/04

20201104太陽
朝から良い天気。気温はやや冷たくて風もありますが、気持ち良い空です。朝のうち真っ白になった富士山が遠くに見えました。すっかり冬の空気ですね。

20201104太陽リム
左は10時過ぎの太陽。2日前から黒点が現れたニュースを聞いていたので楽しみにしていました。今月に入った頃に左リムの北半球に見えていたプロミネンス付近に活動領域12780、続いて南半球に現れた複数の大きな黒点を伴う活動領域が12781。12780にも二日前には小さな黒点があったものの、消えてしまったようです。12781のほうはしばらく持ちそうですね。

プロミネンスは小さいものが何ヶ所か見えました。第24太陽周期極大頃の2014-2015年頃盛んに見えていた巨大プロミネンスや長くて太いダークフィラメントの登場はまだまだ先のようですが、第25太陽周期が始まっている感はなんとなく察することができます。