月夜でも写る小惑星リュウグウ2020/09/29

20200929小惑星リュウグウ
昨夜から今朝にかけて、晴れと曇りが交互に繰り返す空でした。いったんよく晴れ渡っても何分持つかは分かりません。いつの間にか月齢が11を越え、もう満月期に差し掛かっています。暗い天体が撮れなくなるため、イチかバチか、小惑星リュウグウに望遠鏡を向けました。9月13日以来の撮影です。

時折吹く3/m前後の風や通過する雲を除けば、まずまずの星空。月明かりがあっても、リュウグウは難なく写ってくれました。計算上の等級は17.2等。8月29日の初撮影から比べると1.5等も明るくなり、また移動方向もぐんぐん変化しています。

定期的に望遠鏡を向けると急激に接近して見やすくなってることを実感できるでしょう。なにしろリュウグウは地球近傍小惑星(NEAs = Near Earth Asteroid)であり、かつ、潜在的に危険な小惑星 (PHA = Potentially Hazardous Asteroid)ですからね。

コメント

トラックバック