今日の太陽2020/09/21

20200921太陽
秋彼岸に入ってからずっと曇りや雨の日が多かったのですが、今日午後になっていきなり快晴になり面食らいました。高度が低くなってしまったけれど、慌てて太陽観察です。

20200921太陽リム
左は15:10過ぎの撮影。活動領域はありませんが、左上リムにとても明るいプロミネンスが見えました。撮影時点でまだ裏側なのですが、この付近に明るいフレア領域があります。明日には見えてくるでしょう。新たな黒点に期待です。プロミネンスは左下にも大きいものが出ている他、右リムのあちこちから小さいものが出てます。

明日は秋分。太陽の巡り(地球の巡り)も半分までやってきました。太陽も年始に向けて少し大きくなっていますよ。

2020年の台風12号発生2020/09/21


20200921-1500JST台風12号
えーっと、いきなりですが、本州まで1000km足らずのところに台風12号が発生しました。先行して本日9:00に「台風になるかも知れない熱帯低気圧発生」と気象庁が広報したわけですが、その広報が世間に行き渡らないうちに、12:00時点で台風になってしまったのでした。

この台風12号「ドルフィン/DOLPHIN」は直前の台風11号発生から5日と9時間後、11号消滅から2日と9時間後の発生になりました。11号は全く日本に影響なかったけれど、12号は直ちに備えなくてはなりません。

左は発生から3時間経った本日15:00の衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、薄水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。オレンジ点線円は熱帯低気圧中心の直径1000km円を表しています。熱帯低気圧自体は19日21時JSTの天気図から示されていました。9月15日の記事に「台風にならない熱帯低気圧も進路予想を公開してほしい」と書いたばかりですが、危惧していたことがこんなに早く起こってまいました。今年のように近海まで海水温が高くなる(熱帯低気圧や台風が日本近海で発生発達しやすい)状況ですから、本気で何とかしてほしい。旧態依然とした対応では防災・減災ができません。

繰り返しますが、発生時点でもうこんなにも日本に近いです。そして北上を続けています。今日は秋雨前線が東へ通り抜けて穏やかに晴れているところが多いようですが、「嵐の前の静けさ」とは正にこのこと。本州直撃コース間違い無しの予報が出てますから、どうか早めに対策なさってください。