気象衛星ひまわりの天体スリーショット撮影は可能かな?2020/09/09

20200909火星
火星の地球接近まで残り一ヶ月を切りました。左は今日明け方前(9月9日3時過ぎ)の撮影。晴れればなるべく観察するようにしてますが、今朝は昨日の風がまだ残っていて望遠鏡が揺れまくり。高倍率での撮影に難儀しました。

左やや上からマリネリス峡谷、オーロラ湾、右やや下の欠け際が子午線湾付近。南側にはかなり縮小変形してしまった南極冠、北側も白い靄が出ています。火星高度が高いため、2年前の大接近時よりずっと見やすく、地形が詳細に分かって楽しい。

右下は火星に続けて撮影した月面。太陽黄経差252.05°なので、下弦ちょっと前ですね。透明度・シーイングともそこそこ良かったから、風さえ吹かなければもう少し良像になったことでしょう。

20200909_25205月
ところで、遡ること3日前の9月6日、月が火星と重なってしまう「火星食」が起こったことをご存知でしょうか?ある天体が別天体を隠す現象を「掩蔽」と言いますので、正しくは「月による火星の掩蔽」ですね。(「食」とは天体Aの影に天体Bが入って見えなくなってしまうこと。掩蔽とは全く異なります。)残念ながら9月6日の火星掩蔽は日本の裏側でしか観察できませんでしたが、Spaceweather.comなどに素晴らしい写真が掲載されているので、ぜひご覧ください。

実は数ヶ月前にこの現象を詳しく調べていて面白いことに気づきました。それは、月と火星が接近する時間帯に「気象衛星ひまわりから両天体が同時に見える可能性が高い」こと。現象がちょうど日本と反対側で起こることや、赤道付近で見やすいといった条件にピンときたのです。運が良ければ一枚の衛星画像に地球を含む3天体が写り込むかも知れないと直感しました。今まで衛星画像でツーショットはたくさんあったけれどスリーショットは見つかりません。もし実現したら悲願達成です!(大げさな…。)

予想されるひまわり撮影時刻は14:00(地球の左上付近に写る可能性)と14:50(同右上付近に写る可能性)の2回。果たして結果は…!?下A・B画像をご覧ください。天体が写り込んでいた範囲を拡大強調したものです(元画像:NICT)。14:00には火星のみが、14:50には月の一部(大気や海の照り返し含む)のみが写っていましたが、3天体同時は叶いませんでした。写らなかった原因として、ひまわり画像に映り込む宇宙部分があまりにも狭いことや、短冊状にスキャン撮像するため、上下の帯で時間のズレが生じるなど、様々な要因が重なっていたのですね。むしろ偶然写っていたときの「レア度」が引き立つ結果となりました。

  • 20200906-1400気象衛星ひまわり画像

    A.2020年9月6日14:00JST
  • 20200906-1450気象衛星ひまわり画像

    B.2020年9月6日14:50JST


「今回のようなチャンスは今まで無かったのだろうか?」「これから起きる可能性は?」といった疑問が湧いたため、ひとまず地球のどこかで見ることが可能な「月による5大惑星の掩蔽」を計算してみました(下表)。ただし気象衛星ひまわり8号が稼働した2015年以降、2025年までです。必ずしも「地心から見て掩蔽になる」わけではないため、最接近日時の月惑星離角が月半径より大きい場合があることにご注意ください。このリストに対して次の4条件で絞り込んでみました。(※これでも結構緩い制限です。)

  • 気象衛星ひまわり撮像範囲(両天体の赤緯がプラスマイナス8.5°に収まる)。
  • 太陽から30°以上離れている(太陽近くだと遮光される/そもそも月が細すぎて見えづらい)。
  • 最接近時の月・惑星離角が0.5°以内(離れすぎてると一緒に写らない)。
  • 最接近時の月時角が170°から190°の範囲にある(ひまわり直下点基準/ひまわりから正面近くに見えている)。

計算は地心基準で行ったため衛星から見た場合と多少異なることを考慮しなければなりませんが、全105件中で条件をすべて満たしたのは、な、なんと今回の火星掩蔽1件のみ。極めて貴重なチャンスだったことが分かるでしょう。

もちろん月による惑星掩蔽時以外でも、天体同士が接近していればスリーショットになりうるチャンスがあります。例えば、掩蔽されずともかなり近いケースや、惑星同士の超接近、明るい恒星+惑星といった組み合わせが考えられるでしょう。今後じっくり検証し、「気象衛星ひまわりがとらえた天体スリーショット」を探してみたいと思っています。なお、気象衛星のツーショット現象を多数とらえていらっしゃるphoto.nomataさんから偶然ご連絡があり、今回の現象をお伝えして一緒に楽しむことができました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

【月による惑星掩蔽・2015年-2025年調べ】
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2015年3月22日 7:43火星1.20.9321.71.55
2015年6月15日 11:27水星0.90.0419.2227.93
2015年7月19日 9:54金星-4.50.434.082.98
2015年10月9日 5:07金星-4.50.6645.1525.56
2015年10月11日 20:21水星-0.10.916.5628.19
2015年12月6日 11:38火星1.40.0959.8724.37
2015年12月8日 2:19金星-4.00.6442.4225.98
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2016年4月6日 17:09金星-3.90.6616.1128.26
2016年6月3日 19:05水星0.50.7324.227.61
2016年7月9日 18:40木星-1.70.8160.744.94
2016年8月5日 6:52水星0.10.5424.712.05
2016年8月6日 12:22木星-1.60.238.953.28
2016年9月3日 7:09木星-1.60.3617.791.55
2016年9月3日 20:16金星-3.81.0723.972.09
2016年9月29日 19:12水星-0.40.6717.7628.05
2016年10月1日 1:45木星-1.60.863.9629.32
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2017年1月3日 15:39火星0.80.2358.24.99
2017年7月25日 18:12水星0.30.8426.591.98
2017年9月19日 8:20水星-0.80.0315.7628.20
2017年9月18日 9:39金星-3.80.5327.7227.26
2017年9月19日 4:47火星1.70.1317.6228.05
2018年2月16日 3:24水星-1.21.061.629.67
2018年2月17日 1:31金星-3.90.539.380.81
2018年9月9日 7:46水星-1.20.8911.3928.53
2018年11月16日 13:52火星-0.40.9596.318.53
2018年12月9日 14:21土星0.91.1321.821.92
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2019年1月6日 3:42土星0.90.873.3829.47
2019年2月1日 2:36金星-4.20.0945.2425.67
2019年2月2日 16:04土星0.90.6227.9927.23
2019年2月5日 16:09水星-1.30.195.010.42
2019年3月2日 3:27土星0.80.3153.0424.89
2019年3月29日 14:00土星0.80.0578.5222.54
2019年4月25日 23:29土星0.70.37104.6320.24
2019年5月23日 7:17土星0.60.52131.4817.98
2019年6月19日 12:48土星0.50.44158.9815.74
2019年7月4日 14:41火星1.70.0919.481.43
2019年7月16日 16:15土星0.50.22173.2113.50
2019年8月1日 5:46金星-3.90.594.0529.06
2019年8月12日 18:52土星0.50.04145.5311.28
2019年9月8日 22:42土星0.60.04118.369.13
2019年10月6日 5:37土星0.70.2691.837.09
2019年11月2日 16:23土星0.80.5965.95.16
2019年11月28日 19:58木星-1.80.7223.231.83
2019年11月30日 6:08土星0.90.9340.463.25
2019年12月26日 16:32木星-1.70.181.20.10
2019年12月29日 10:57金星-3.90.9833.822.86
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2020年1月23日 11:42木星-1.80.3620.8627.89
2020年2月18日 22:25火星1.10.7557.8524.65
2020年2月20日 4:41木星-1.90.9343.1125.92
2020年3月18日 17:25火星0.80.7466.9423.70
2020年6月19日 17:33金星-3.90.7122.6527.62
2020年8月9日 17:39火星-1.30.69115.4319.63
2020年9月6日 13:45火星-2.10.02135.8518.09
2020年10月3日 13:00火星-2.60.66165.3115.71
2020年12月13日 6:07金星-3.90.7524.8227.67
2020年12月14日 19:52水星-0.80.953.0729.24
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2021年4月17日 21:10火星1.30.1358.75.40
2021年5月13日 7:31金星-3.90.6812.421.15
2021年11月4日 4:37水星-0.81.115.1528.36
2021年11月8日 14:29金星-4.51.146.753.34
2021年12月3日 9:52火星1.50.6618.2328.15
2021年12月4日 21:43水星-0.80.023.230.21
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2022年1月1日 4:53火星1.40.9327.4827.51
2022年5月27日 12:04金星-3.90.1837.626.27
2022年6月23日 4:08火星0.50.8470.1423.32
2022年7月22日 0:56火星0.20.9777.722.54
2022年10月25日 1:05水星-1.10.3410.0528.76
2022年10月25日 21:04金星-3.901.180.05
2022年11月24日 23:41水星-0.70.919.230.66
2022年12月8日 13:14火星-1.90.53177.1714.22
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2023年1月4日 4:51火星-1.30.52145.4711.40
2023年1月31日 13:27火星-0.40.1119.079.32
2023年2月23日 7:58木星-2.01.0536.632.66
2023年2月28日 13:12火星0.31.0699.397.88
2023年3月23日 5:22木星-2.00.4715.121.12
2023年3月24日 19:33金星-3.90.135.512.72
2023年4月20日 2:27木星-2.00.115.8429.00
2023年5月17日 21:41木星-2.00.7226.2427.35
2023年9月17日 4:59火星1.60.5819.521.76
2023年10月14日 17:50水星-1.20.594.3629.30
2023年10月16日 0:25火星1.50.910.270.90
2023年11月9日 19:34金星-4.20.8945.5725.69
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2024年3月11日 12:25水星-1.40.910.980.77
2024年4月6日 19:20土星0.71.0832.9127.06
2024年4月8日 1:19金星-3.90.3515.2928.30
2024年5月4日 8:11土星0.70.7457.0725.20
2024年5月5日 11:17火星1.00.1741.6826.33
2024年5月31日 17:27土星0.60.3481.6423.21
2024年6月27日 23:57土星0.50.07107.0121.10
2024年7月25日 5:28土星0.40.35133.518.90
2024年8月21日 11:42土星0.30.41161.1316.64
2024年9月5日 17:58金星-3.81.0324.952.29
2024年9月17日 19:09土星0.30.27170.114.34
2024年10月15日 3:08土星0.40.1141.611.97
2024年11月11日 10:39土星0.50.08113.539.54
2024年12月8日 17:42土星0.60.2786.387.10
2024年12月18日 18:17火星-1.10.87141.4317.12
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢
2025年1月5日 1:52土星0.60.6160.194.77
2025年1月14日 12:48火星-1.40.22174.7314.22
2025年2月1日 13:02土星0.70.9634.842.64
2025年2月10日 4:49火星-1.00.77146.7111.30
2025年3月1日 13:23水星-0.90.3415.791.15
2025年6月30日 10:16火星1.30.1958.714.61
2025年7月29日 3:30火星1.41.1348.283.97
2025年9月19日 21:30金星-3.90.7326.8127.27
最接近日時(JST)掩蔽天体惑星光度(等)月と惑星の
地心離角(°)
太陽と月の
地心離角(°)
月齢

  • 水星、金星、火星、木星、土星のみの調査です。
  • 地球上のどこかから見える可能性があるものをピックアップしました。日本で見えるとは限りません。
  • 自作プログラムによる概算です。計算漏れや誤差が含まれることをご承知おきください。


参考:
ようやく見つけた火星(2020/08/24)

今日の太陽とハロ現象2020/09/09

20200909太陽
昨夜は強風ながらほぼ快星。今朝からもよく晴れています。重陽の節句を迎えましたが、なおも暑い日々…。

20200909太陽リム
左は9:30前の太陽。活動領域はありません。左リムに小さなプロミネンスが見えていますが、あまり期待できそうにないかなあ…。それよりも北半球にあったいくつものダークフィラメントがそろそろリムから顔を出す頃だと思われます。まだ存在してますから、明日以降に見えてきそうですね。

(夕方追記)
17時前後にかけて、突然の雷雨。30分前から音が響いていた雷鳴とともに雨音が大きくなりました。慌てて窓を締めにあちこちへ。短時間ですが停電もあって、部屋が俄然蒸し暑くなりました。電気無しでは暑い夏を越えられませんね。…とまぁ、そんな混乱の中で二階のベランダから土砂降り越しに見えたのは、なんと明るい幻日でした。たまたま雲の隙間があって、目に止まりました。雨を避けつつ何とかカメラに収めました(下A・B画像)。

  • 20200909夕方の雷雨

    A.夕方の雷雨
  • 20200909幻日

    B.左側の幻日