火星と並んだ美しい月2020/09/05

20200905_20792月
昨夜は雲が多くなったり少なくなったりの繰り返し。でも明け方に向かって回復傾向でした。満月を数日過ぎて欠けてきた月が南中を過ぎる頃、撮影してみました(左画像)。火星と並び、なかなか美しい光景です。

秋の空気が入ってきたためか大気のゆらぎは大きく、像に締まりがありません。それでも艷やかな秋の月を楽しむことができました。明け方近くになると涼しくなるため、心身ともに心地よい季節。

危難の海北側のクレオメデスやメッサラ、南側のラングレヌス、ペタヴィウス、フルネリウスなど大型クレーターたちが夕方を迎えています。5日夜中から6日明け方には好条件で月面Kも日没を迎えます。既に形がたどれますので見つけてみてください。

月の西リム沿いにもたくさんの光条を見つけることができますね。北部のピタゴラス・クレーターに穴が空いているように見えるんですが何でしょうか?何万回見ても見飽きない月面です。

火星も撮ろうかなと思ったところでPCも自分も電池切れ。元々シーイングが悪かったので良像は望めなかったでしょう。

今日の太陽2020/09/05

20200905太陽
今日も朝から暑くなりました。当地・茨城では日本の近くに台風が来てるなんて感じはしませんが、午前中の雲の変わり身が目まぐるしく、何らかの不穏さは見て取れます。

20200905太陽リム
左は14:30頃の太陽。頻繁に通過する雲間をぬって撮影しました。活動領域はありません。右下リムに背の高いプロミネンスが見えています。北半球のダークフィラメントも健在。