火星を見るも、ゆらゆらと…2020/08/22

20200822火星
昨夜から今朝も概ね晴れました。ときおり薄雲が通過、透明度がやや落ちています。高度のある1等星が少し瞬くほどシーイングが悪かったけれど、しばらく火星を見てなかったので、思わず望遠鏡を向けてみました。

計算上は明け方にかけてオリンポス山が正面に来るようでしたが、火星像のゆらめきは想像以上に大きく、細部が分かりません(左画像)。極冠もほとんど分離しませんでした。画像右やや下欠け際のシレーンの海付近からキンメリア人の海あたりまでが単純なベルト状になってしまいました。

視直径は17.4″角を超えていて十分大きいので、もっと落ち着いた空で眺めたいものです。明け方なのに、地面(アスファルト)の潜熱がずいぶん気になりました。

コメント

トラックバック