火星を見るも、ゆらゆらと…2020/08/22

20200822火星
昨夜から今朝も概ね晴れました。ときおり薄雲が通過、透明度がやや落ちています。高度のある1等星が少し瞬くほどシーイングが悪かったけれど、しばらく火星を見てなかったので、思わず望遠鏡を向けてみました。

計算上は明け方にかけてオリンポス山が正面に来るようでしたが、火星像のゆらめきは想像以上に大きく、細部が分かりません(左画像)。極冠もほとんど分離しませんでした。画像右やや下欠け際のシレーンの海付近からキンメリア人の海あたりまでが単純なベルト状になってしまいました。

視直径は17.4″角を超えていて十分大きいので、もっと落ち着いた空で眺めたいものです。明け方なのに、地面(アスファルト)の潜熱がずいぶん気になりました。

2020年の台風8号が発生2020/08/22


20200822-0900jst台風8号
気象庁が21日21時に「台風になるかも知れない」と告知していた熱帯低気圧が、本日22日9:00に台風8号「バービー/BAVI」になったと発表がありました。直前の台風7号発生から4日後、7号消滅から2日と6時間後の発生になります。早いサイクルになってきましたね。

左は発生時の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。赤点線円は台風中心の直径1000km円を表しています。

すでに8号は先島諸島に接近しており、今後はやや複雑な方向転換をしつつ、全体として北上してゆく見込みとのこと。またまもなく暴風域ができる見込みで、南西諸島付近では急激な天候悪化が見込まれるでしょう。お近くの方、どうかお気をつけて。

もう一つ気になるのが、四国・紀伊半島沖に停滞している「雲の渦」。なんだか“台風の骨格標本”みたいに感じませんか?私が記憶する限りでは19日頃から本州南岸付近に大きな2つの水蒸気渦があリ、そのひとつがこの低気圧に発達しました。(もう一方も小笠原諸島海域に緩やかな塊を作ってます。)気象庁の地上天気図では20日9:00発行分から記入されていました。

この低気圧が居座ってるため、関東から中部や近畿にかけて海上から大量の水蒸気が流れ込んでいるようです。それに応じるように、ここ数日は午前中から入道雲が発達し、雷やゲリラ豪雨が頻発してますね。暴風こそ吹かないけれど、こうした渦の動向は注意しなければいけません。

今日の太陽2020/08/22

20200822太陽
昨夜から今朝はよく晴れたものの、明け方から雲が湧いてきました。天気は緩やかな下り坂だそうです。ひと雨あれば涼しくなるでしょうが、その後また晴れて蒸すのがこわい…。

20200822太陽リム
左は13時過ぎの太陽。黒点はありません。活動領域12771と12772は右リム近くに到達しました。今日10時前後にもAクラスのフレアがあリ、12772のほうは変わらずお盛んですね。いっぽうプロミネンスはほぼ見えなくなりました。北半球にある小さなダークフィラメントが4、5日でリムに到達するでしょうから、それまで残っていてほしいですね。

STEREO衛星画像では数日後の北半球に少し活発な領域が顔を出しそうですが、今のところあまり期待できません。しばし静穏な状態が続きそうです。