また台風になるかも知れない熱帯低気圧発生2020/08/10


20200810-0300JST衛星画像
「魔の3時」ともいうべきか、気象庁によると活動中の台風5号に加え、本日3:00に「台風になるかも知れない熱帯低気圧」が発生したとのこと。(→14:00追記・台風6号になりました!)

左は発生時の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。夜間のため赤外域の白黒画像です。赤点線円は台風5号中心、オレンジ点線円は熱帯低気圧中心の、各直径1000km円を表しています。この時点では台湾を挟むような配置ですね。

台風5号は北上を続けており、五島列島や対馬列島をかすめて日本海へ入る見込みとのこと。また熱帯低気圧のほうは台湾西海域を経て大陸へ上陸するようです。

現在これらとは別に小笠原諸島の東にも熱帯低気圧があって、太平洋高気圧の縁を西進しています。右下図は米軍Joint Typhoon Warning Centerの予報(本日3:00時点)。

20200809-1800Z-JTWC
小笠原近辺で一時的に台風基準に達するようです。風速の測定基準が違うので日本基準で台風に満たないかも知れませんが、何にせよ小笠原のお天気は荒れそうですね。コロナ禍、熱中症時期に重なり、日本の南が急激にざわついてきましたよ。

20200810-0900JST衛星画像
【追記】
上記の小笠原近海の熱帯低気圧は、本日9:00に「台風になるかも知れない熱帯低気圧」になったと気象庁から発表がありました。この熱帯低気圧は昨日の時点でも「これはミニ台風なんじゃないか?」と思えるくらいしっかりした渦を巻いていました。

右は本日9:00の衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、薄水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。赤点線円・オレンジ点線円は台風や熱帯低気圧中心の直径1000km円を表しています。お近くの皆様、どうかご注意を!

コメント

トラックバック