凄まじいサイクロン「Amphan」インド洋を爆進中2020/05/18


20200518-1400JST_Meteosat
強大な勢力になったTropical Cyclone「Amphan」が北インド洋を北上しています。

左は本日18日14:00JSTの気象衛星Meteosat画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。サイクロンのすごい渦が見えていますね。米海軍Joint Typhoon Warning Centerによる今日0:00UT(9:00JST)時点の最大風速は130ノットとのことですから、インド洋のサイクロンカテゴリーとして最大級の「Super Cyclonic Storm」クラスになります。

気象庁、JTWC、インド気象局、それぞれで平均風速の測り方が違うため直接比較できませんが、単純にノット換算すると70m/s前後の風が中心付近で吹いているわけです。予報ではバングラデシュ付近に上陸しそうだとのこと。まだ海上なので、上陸までに弱まってくれると良いのですが…今季のインド洋は暖かいそうなので、どうなることやら。

※地図図版最外周に対して衛星画像の縁が欠けていますが、この衛星での仕様と思われます。日本の気象衛星「ひまわり」のように地球の縁まできちんと撮影表示しているほうが珍しく、ほとんどの気象衛星フルディスク画像は縁を削って表示しています。

インド洋熱帯域・海面水温基準差
【付記】
右図は気象庁公開データに基づいて描いた1980年1月から先月までのインド洋熱帯域(IOBW)海面水温基準差のグラフ。2019年1月ごろからプラスに転じ、高温期が継続しています。

なおIOBWは北緯20°から南緯20°、東経40°から100°に囲まれた範囲内です。

コメント

トラックバック