2020年最初の台風が発生2020/05/12


20200512-2100JST-台風1号
気象庁が昨日「台風になるかも」と発表していた熱帯低気圧が、本日12日21時、台風1号「ヴォンフォン/VONGFONG」になりました。直前の台風は昨年ラストの台風29号で、この29号発生から142日後、29号消滅からは136日12時間後に今年最初の発生となりました。なお台風の“年度区切り”…つまり統計上「1年の中でもっとも台風が存在していない日」は2月15日ごろです(→参考記事)から、この台風1号の発生は“年度初め”から2ヶ月経っていますね。

左は発生時の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。夜間のため赤外域の白黒画像です。赤点線円は台風中心の直径1000km円を表しています。

気象庁の予報では、フィリピン諸島を縦断後に北東向きへ進路を変え、来週頭には南西諸島に接近または通過するようです。あまり余裕はありませんが、お近くのみなさんは十分な防災対策と3密対策を考えてくださいね。

ちなみに、昨年ラストの台風29号は「ファンフォン/PHANFONE」という名前です。今回のと混同しそう…。

※気象庁による台風進路予報は、約1年前から予報円が約20%小さくなるなどの精度の改善が図られています。(→気象庁報道資料

コメント

トラックバック