透明度に恵まれた夜半前の空2020/04/06

20200405金星とすばるの大接近
昨日は朝から午後までずっと雨だったのですが、夕方前に晴れ出しました。夜になるとここ数日から考えられないほど抜群の透明度。宵のうち既に気温が4度まで下がり上空のモヤが盛大に結露したためでしょう。機材には酷ですが、この時期の透明度は宝物です。

昨日の記事に「満月期なので淡い天体は一週間ほどお別れ」などと書いたばかりですが、早速自分を裏切ってしまいました。この透明度なら月明かりが強くても問題なくアトラス彗星(C/2019 Y4)が撮れるはず。おっと、その前に宵空の金星とすばるを写しておこう…ということで左画像。まだ薄明中でしたが、いつもより画角を広げ、ヒアデスまで入れた構図にしてみました。画像上方向が天頂方向です。めまいがするほど金星がギラギラ輝き、星団たちも美しい。しばらくは金星とのランデブーが楽しめそうです。

続けて望遠鏡を交換、アトラス彗星が低くならないうちに撮影開始。20時台にこの彗星を撮るのは初めてです。5月に見えなくなるまでこれがルーティーンになるなら結構慌ただしいですね。彗星は思った通りとても良く写りました(下A画像)。昨日と比べて月が明るいぶん不利なのに、全く同じ設定で撮ったとは思えないほど画質が滑らか。透明な空は良いですねぇ!長い尾もシュッと写りました。頭部から何か出てる??コマに斑があるような…。それから、実際に撮影している方は分かると思いますが、彗星の天球上の動きが1ヶ月前より遅くなったのが実感として分かるようになりました(→3月23日記事のグラフ参照)。

あまりの空の良さに嬉しさ余って、地球へ接近中の小惑星「1998 OR2」も撮ってしまいました(下B画像)。こちらはアトラス彗星と反対に見かけのスピードが大幅増でビックリ。最接近まで残り三週間とちょっとですから、これから爆発的にスピードアップ&増光しますよ。撮影が終わる頃から雲が出始め、すぐに全天を覆ってしまいました。間一髪!

  • 20200405アトラス彗星(C/2019 Y4)

    A.アトラス彗星(C/2019 Y4)
  • 20200405小惑星1998 OR2

    B.小惑星1998 OR2


参考:
アトラス彗星(C/2019 Y4)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2020/04/06

20200406太陽
昨夕から今日明け方は概ね晴れましたが、夜半過ぎから雲の多い時間がありました。今朝からはよく晴れています。午前中から風が強くなりました。

20200406太陽リム
左は10:55頃の太陽。活動領域12759が中央子午線を越えましたが、とてもよく見えています。細いフィラメントが出てますね。黒点は消えたままです。また復活しないかなぁ。赤道やや下、右リム近くにも極小の明るいフレアが見えますね。SDO可視光では白斑が認められました。活動領域としては登録されてませんが、ここにS極先行(第25太陽周期)の領域があるようです。

プロミネンスは右上のものが目立ちました。

接近中の金星とすばるの近くをISSが通過2020/04/06

20200406沈む冬の星々+金星+ISS
ついにこのチャンスが巡ってきました。そう、夕空で接近する金星とすばるの近くを国際宇宙ステーションが通過したのです。

数日前から気が付いて楽しみにしていました。せっかくだから広角レンズを使って「冬の1等星が作るグレートG+金星」を一網打尽にしようと計画。ただ、当日写野域が快晴になるかどうかは天のみぞ知るところ。その上、街中から広角撮影するのは思いの外苦労します。余計な建物が写らない場所の少なさ、強い光害、夕方集中して飛び交う航空機などなど…。今夕も直前まで雲が湧いたり消えたりヒヤヒヤしました。

20200406沈む冬の星々+金星+ISS
本当に運が良かったのでしょう、撮影開始した6日19:36からの5分間はほぼ快晴になり、ISSも明るいパスで出現から消滅まで全部見えました。金星スレスレだったので、日本のどこかで金星面のISS通過が見えたのではないでしょうか?(※→下記追記参照。)この光景自体も当地・茨城だけでなく、かなり広い範囲で楽しめたと思われます。なお撮影は14秒露出+1秒休みの繰り返しで行いましたから、ISS軌跡が点線になっています。

どこに何が写っているかは右画像をご覧ください。最近話題に上らなくなったベテルギウスもすっかり復光して明るく写ってますね。本当にミラクルな数分間でした。ISSクルーも金星とすばるのランデブーを楽しんでいるでしょうか?

20200406金星面のISS通過マップ
【追記】
どこでISSの金星面通過が見えたか気になったので調べたら左の地図の通りでした。(CalSKY計算値→KMLファイルを国土地理院地図で表示。)我が家からメチャ近かった!

ISSの太陽面通過や月面通過は何度も見たことがあるけれど、惑星面通過や恒星掩蔽はまだありません。数回トライしましたがとても難しい…。


薄雲越しに見た月面Aたち2020/04/07

20200406_15818月
昨夜は気温が高めに推移し、少し透明度が落ちました。満月少し前の月が空を照らしていたので彗星などの観察は諦め、月を楽しむことにしました。2020年2月7日の月面Aが稀に見る好条件だったのは記憶に新しいですが、今月の月面Aも決して劣らないほど良い条件でした。

左は日付が変わる1時間ほど前の撮影で、太陽黄経差は約158.18°、撮影高度は約59.5°、月齢は13.19です。ミネラルムーン色調に仕上げました。大きい画像にしましたので細部を探険してみてください。今月の満月期は南側が中央に寄る秤動ですから、月の南極がとても見やすいです。反対に北側…例えば高緯度のプラトー・クレーターがずいぶん潰れてしまってますね。

月面Aの出現は日をまたぐ時間帯以降でしたが、当地・茨城は夜半過ぎから雲が出る予報でした。ところが、早めに準備しをしたのに、なんと22時台には薄雲が空を覆い始めてしまいました。月にクッキリと暈がかかるような状況の中、左画像を大慌てで撮った次第。その後拡大撮影モードに切り替え、月面A付近を記録しました。2月ほど雲が厚くはなかったけれど、それでも大気の揺らぎや斑のある減光に悩まされる結果となってしまいました。

6日23:40少し前から、大雑把に1時間ほどの間隔で3シーン撮影した拡大画像を下に掲載しておきます。雲間を待ちながらの撮影ですから等間隔ではありません。2020年2月15日記事で紹介した、鹿角平天文台のやまのんさん発見による月面ツインAも見えていたので、一緒にレイアウトしました。画像は全て上方向が月の北極方向です。

画像アでのA地形における太陽高度は約-2.51°。弱いながらも太陽光が当たり始めており、画像を明るめに処理すると文字がうっすらと浮かび上がります。ツインのほうは、北のAがもう完成しており、南のAはまだA文字の足が整っていません。

画像イでのA地形における太陽高度は約-2.01°。A地形はほぼ完成しています。ツインの南のAはもう少しで足が出揃いそうです。また画像ウでのA地形における太陽高度は約-1.39°。月面Aは逆さAも一緒に見えていますね。ツインも両方出揃いました。惜しむらくはこの時の月がもうかなり雲に覆われてしまい、像がボケボケになってしまったことです。月面中央経度が2月の時より浅いため、A地形たちは少々スリムになったけれど、十分楽しめました。

  • 20200406_2338月面A&ツインA

    <ア>.6日23:38
  • 20200407_0037月面A&ツインA

    <イ>.7日0:37
  • 20200407_0151月面A&ツインA

    <ウ>.7日1:51