今日の太陽、昼間の金星、ハロ2020/02/28

20200228太陽
朝から晴れていますが、午後からは少しずつ雲が増えてきました。明日にかけて曇りの予報です。

20200228太陽リム
左は10:20前の太陽。活動領域はありません。プロミネンスも連日出ていた左上リムの残骸が淡く確認できたのみです。また静穏な太陽面に戻りました。今日は花粉光環も見えませんでした。




ところで、昨夕は細い月と金星が揃って夕空を飾るはずでしたが、夕方は雲が湧いて見ることができませんでした。アーカイブ「昼間に月と金星が近い日」を見ると分かりますが、昨日と今日は金星と月が近い位置関係なので、青空の中の白い月を見つけることができれば、近くの金星も見つかるはず。…ということで、午後に曇ってくる直前の14時頃に探してみました。

20200228昼間の金星と月
月も金星もすぐ目にとまりました。想像より高い位置にあり、とても見やすいです。右画像のように簡単に撮影できましたが、明るい青空が背景だと「何の微生物の写真だよ!」ってくらいセンサー上のゴミが目立ち、これを取り去るのにとても苦労しました。普段ちゃんと掃除しないから要らん苦労をする…。。。

その後淡い雲が出始めると、太陽回りにアークが見えてきました。驚いたことに、外接ハロ(内暈に外側から接するように出現する楕円のアーク)がほぼ直線状もしくは弱いM型に見えたこと(下A・B画像)。これはこのハロが上部タンジェントアークへ遷移する過程で取り得る形状で、なかなか良いタイミングに出逢えないものです。月や金星を見てなければ見逃すところでした。このほか、ごく弱い幻日、幻日環も確認できました。

1.5時間ほど間を空けてもう一度観察すると、今度は内暈がとてもはっきりしました(下C画像)。内暈上部が明るいので上部タンジェントアークが付加しているようです。また、内暈の外側に弱い上部ラテラルアークが出ていました(下D画像)。画像下の明るいアークは内暈+タンジェントアーク、そのかなり外側にラテラルアークがあります。

  • 20200228外接ハロ

    A.外接ハロ
  • 20200228外接ハロ

    B.外接ハロ(強調処理)


  • 20200228内暈

    C.内暈(強調処理)
  • 20200228上部ラテラルアーク

    D.上部ラテラルアーク(強調処理)


コメント

トラックバック