M100に出現した超新星が増光中2020/01/10

20200110_AT2020oi
星仲間の(の)さんからの情報で、1月7日にZwicky Transient Facility(ZTF)のALeRCEグループによってM100に超新星が発見されました。発見当初は17等を下回る光度だったものの、急増光が期待されるとのこと。そこで、早速撮影してみることにしました。

ところが晴れ予報だった昨夜は宵のうちから天気が怪しくなり、夜中には小雨が降り出す始末。これでは望遠鏡を組み立てて待つことさえできません。時々天気を気にしながらM100が高くなる明け方を待つことに…。

その甲斐あって(?)3時半頃から雲が引き始め、4時過ぎには奇跡的に星が広がりました。急いで機材を準備、満月前の月明かりや薄雲の通過も気にせず可能な限りコマ数を稼ぎます。1時間も過ぎないうちにまた雲が押し寄せたため撮影終了。荒れ気味ながら仕上げたのが左画像です。

20200110_AT2020oi
超新星の位置が銀河中心核に極めて近い(約7″角程度)ため、うまく分離するか心配でしたが、撮影モニター上でもはっきり見えました。それだけ明るくなっているということですね。更に鮮明にするため、擬似カラー処理を施してみました(右画像)。これなら一目瞭然です。

M100には2019年のゴールデンウィーク頃にも超新星「SN2019ehk」が発見されました。1年経たずしてまた発見されるとはラッキーな銀河ですね。報告によれば今回はIcタイプの超新星とのこと。今後どのように光度変化するのか楽しみです。

【追記】
星仲間のmeimekoさんも9日に撮影しておられました。氏のブログにもありますが、M100に発見された超新星は今回で7個目(1901B・1914A・1959E・1979C・2006X・2019ehk・2020oi)です。集計に間違いが無ければ、M31やM33など近距離を除くM天体の銀河では一番多い出現数となりました。

今日の太陽2020/01/10

20200110太陽
昨夕から今朝にかけて曇り時々小雨、ときどき星空、のち曇り…といった目まぐるしさでした。朝からはゆっくり晴れ間が広がり、昼前には快晴となりました。

20200110太陽リム
左は11時過ぎの太陽。南半球の活動領域12755が微かに分かります。右上リムの黒点群(明るいところ)は新たな活動領域12756と採番されました。なお昨日見えていた左半球・赤道付近の白斑にも可視光で黒点群が現れています。ここはまだ採番されていません。

プロミネンスは右下リムのものがまだ見えていますね。左上リムにも新しいものが確認できました。結構大きなループになっているようです。