新しいタイプの小惑星が発見される2020/01/09

小惑星2020 AV2の軌道
多くの小惑星がメインベルトと呼ばれる火星−木星間の軌道を回っているのはご存じの通り。そこから外れ、地球などほかの惑星軌道を横切る小惑星もあります。特に地球に接近する可能性があるものは「地球近傍小惑星(Near Earth Asteroid/NEAs)」とか「潜在的に危険な小惑星(Potentially Hazardous Asteroid/PHA)」などと呼ばれることがあり、軌道に応じたいくつかの分類もあります(→2019年5月21日記事参照)。小惑星探査機はやぶさ2が調べた「リュウグウ」はPHAで、アポロ群に属します。(※2020年末に地球へ接近。)

ところで、地球より内側を回る、言うなれば「内小惑星」もあります。一番最初の発見は2003年2月11日の「2003 CP20」(→MPEC 2003-C63参照)。後にこの小惑星には内小惑星の群名となった「アティラ」の名が付けられます。小惑星アティラ以降、地球軌道をはみ出さない小惑星は数十個みつかっているようですが、いずれも遠日点が金星軌道より遠い…つまり「金星横断小惑星」でした。

ところが、ついに「金星より外に出ていない小惑星」が発見されました。2020年1月4日にZwicky Transient Facility(ZTF)が発見した天体がそうだったんです。「2020 AV2」との仮符号が付けられ、今日までの追跡観測を元に計算された軌道要素は以下の通りです(本日午前時点のJPL Small-Body Database Browserから引用)。

Epoch 2458855.5 (2020-Jan-07.0) TDB
e	0.1776238446576426
a	0.5552429262989791 au
q	0.4566185430107943 au
i	15.88885754348651 deg
node	6.701325293882411 deg
peri	187.3078112906265 deg
M	237.2513297848164 deg
tp	2458907.027286638331(2020-Feb-27.52728664) TDB
period	151.1203596526182 day
n	2.382207141562761 deg/day
Q	0.6538673095871639 au
(1au = 149597870.700km)

数字アレルギーの方がじんましんを起こしそうですが、重要なのはたったひとつ。Q(=遠日点距離)です。おおよそ0.654AUですね。金星軌道の平均半径は0.72333AUですから、小惑星2020AV2がもっとも太陽から離れたとしても、金星よりずっと太陽に近いということ。これらの軌道関係を描いたものが冒頭の図です(今日現在の位置/JPL Small-Body Database Browserから引用)。白円が小惑星、青円が地球、紫円が金星、マゼンタ円が水星、黄道面の北側から垂直に見下ろしたそれぞれの軌道を表します。発見からまだ5日しか経ってないため今後の観測で上記数値は改善されますが、それでも金星の内側を回る小惑星という事実は変わらないと思われます。

小惑星2020AV2暫定星図
小惑星2020AV2は条件が良ければ17等から18等で見えるそうなので、がんばればアマチュア望遠鏡の射程圏内。でも、太陽からの離角が金星より離れませんから観察条件はかなりキツそうです。ちなみに、現在は金星のすぐ側にいますよ。右は今年1月1日から3月1日までの暫定星図(ステラナビゲーターによる作図)。

地球近傍小惑星のなかで、地球に内側から接近するものを、上にも登場したアティラ群と呼びますが、小惑星2020AV2は「金星に内側から接近する小惑星」ということで、金星のVenusをもじってVatira群と(非公式に)呼んでいるみたい。いずれ、もっと洒落た名前が付けられることでしょう。

今日の太陽2020/01/09

20200109太陽
一昨日夜から昨日にかけて、予報通り天気が崩れました。ただ、思ったほど雨は降りませんでした。昨日夕方には止んでいましたが、その頃には濃霧。月の光も届きません。夜半過ぎにようやく晴れ渡ったものの、今度は重機材も倒れんばかりの強風。月を撮りたかったのですが諦めました。風は夜が明けてからもしばらく続きました。

20200109太陽リム
左は11時過ぎの太陽。活動領域12755はもう右半球に移っています。右上には新たなプラージュと小さな黒点ができていました。昼時点でまだ採番されていないようです。また赤道左リム近くにも活動領域候補があり、可視光では白斑が見えています。プロミネンスは右サイドのあちこちに小さいものが出ていますね。

午後には風も止んで、穏やかな天気になりつつあります。遠くの富士山がまっ白です。