ボリソフ彗星が太陽に最接近2019/12/08

20191208ボリソフ彗星(2I・C/2019Q4)
昨日は小雨が降りしきる寒い一日でしたが、結局雪にはなりませんでした。夜中過ぎまで雲が空を覆っていましたが、明け方2時前には急速に晴れて、快星夜となりました。まだそこら中濡れたままの上に気温が氷点下になったため、凍結もあっと言う間でした。

湿気が残り透明度が少し落ちていたものの、貴重な晴れ間です。明け方のボリソフ彗星(2I・C/2019Q4)が正に太陽最接近であったので、記念に観察することにしました。3日前の撮影から2°あまり南下しており隣家の屋根ギリギリですが、ダメ元で撮影開始。結果的に1時間あまりの露出で何とか撮りきることができました。

南下の影響で光害も強く、画質は落ちる一方ですが、まだ尾が確認できます。また、今回は彗星核が妙に明るく写りました。太陽最接近と言っても、近日点距離が2天文単位以上離れています。光度は今後もう少し明るくなる見込みで、12月28日頃には地球へ最接近。その頃には日本のほとんどの地域から見えなくなるでしょう。

今日の太陽2019/12/08

20191208太陽
朝からよく晴れています。早朝は氷点下でしたが、太陽が高くなると少し気温が緩みました。明日の日中までは天気が持ちそうです。

20191208太陽リム
左は10:40頃の太陽。活動領域はありません。2時方向と4時方向のリムに結構高いプロミネンスが確認できました。ただ細かい大気の揺らぎがあって細部は分かりません。

昨日は二十四節気の「大雪」でした。最高気温が10度に届かない日々が続くと、かなり乾燥しますね。水仕事のあとは手がカサカサです。