今日の太陽2019/11/19

20191119太陽
昨夕から風がますます強くなり、10m/sを越しました。夜半前からは結構な量の雨が降り、明け方近くまで続いたようです。朝からはゆっくり回復し、10時台には日が差す様になりました。

20191119太陽リム
左は10:50過ぎの太陽。相変わらずシーイングが悪いですが、昨日より幾分ましでした。活動領域12752は中央子午線を越えたようです。プロミネンスは小さいものしか分かりませんでしたが、GONG画像では10時の方向に塊の様なものが吹き上がっていました。

台風になるかも知れない熱帯低気圧が発生2019/11/19


20191119-1200jst衛星画像
大陸からの冷たい風が日本海に筋状の雲を作り、済州島の風下にカルマン渦を作る季節になりましたが、南の海ではまだまだ台風活動が活発です。

フィリピン北部を襲っている台風26号とは別に、東海上から接近していた低気圧が昨日18日9:00に熱帯低気圧へ変わりました。そして本日9:00、気象庁から「台風に変わるかも知れない」との報道がありました。

左は本日12:00の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。赤点線円は台風26号中心、オレンジ点線円は間もなく台風になるであろう熱帯低気圧中心の、それぞれ直径1000km円を表しています。

まだ長期の進路が発表になっていませんが、熱帯低気圧が26号にかなり接近していますので、相互作用が進路にどんな影響を及ぼすか分かりませんね。今は西進していますが、26号の後を追う様に北寄りへ変化することが考えられるでしょう。現在26号から伸びる雲が南西諸島近海へ雨を降らせています。日を置かずこの熱帯低気圧の影響も出てくると思われます。お近くの方、お気を付けください。台風に関しては、もはや「オフシーズン」という言葉を忘れたほうが良いのかも知れません。


【追記】この熱帯低気圧は20日9:00に台風27号になりました。(→関連記事