明け方の月2019/11/17

20191117_23099月
昨夜から今朝にかけても前夜に続いてとてもよく晴れました。明け方頭上に輝いていた月があまりに美しかったので観察しました。

左画像は4:30過ぎの撮影で、太陽黄経差は約230.99°、撮影高度は約66.6°、月齢19.66。下弦までもう少しですね。大気の揺らぎは大きかったですが明け方になってやや落ち着き、またさすがに高度60°を越すと影響が少ないので良く写ってくれました。

9月に勘違いで見えた「にせ月面K」または「月面κ(カッパ)」が欠け際に見えていますから探してみましょう。ちなみに本物の月面Kは昨日でした

これくらいの位相で見ると、欠け際にある神酒の海が巨大インパクトでできた二重リング構造、いわゆる「ネクタリス・ベイスン」の様がよく分かりますね。アルタイ断崖は外側リングの一部であるわけです。

今日の太陽とハロ現象2019/11/17

20191117太陽
明け方までよく晴れていましたが、朝から少しずつ雲が出てきました。天気がゆっくり下っているようです。

20191117太陽リム
左は10:35頃の太陽。雲の影響が少ない内に撮影しました。活動領域12752がゆっくり中央子午線に近づいてきましたね。明るく見えますが黒点は無いようです。昨日右下リムに見えた奇妙な形のプロミネンス、今日は高く伸び上がっていました。右上と左下リムにもプロミネンスが見えています。

今朝の気温は4度近くまで下がりましたが、正午には18度まで上がりました。寒暖が激しく、大気が乱れまくってます。昼前からときおり5m/sを越す風も吹き出しました。

【夕方追記】
淡い雲が出ていたので気にしていたら、15時頃から太陽右の幻日が現れました。太陽上側には上部タンジェントアークも薄く出ていました(下A画像)。幻日はかなり明るく見える時もありました(下B画像)が、トータル10分ほどで消えました。また左側の幻日は見えませんでした。タンジェントアークより更に上を注視していたら、環天頂アークも数分間現れてくれました(下C画像)。

  • 20191117幻日

  • 20191117幻日

  • 20191117環天頂アーク