復活した台風のたまご2019/09/18


20190918-0900熱帯低気圧
11日に「台風になるかも知れない」として気象庁が発表した熱帯低気圧がありました(→参考記事)。日本の南海上を迷走した後、13日21時には取り消しとなり、低気圧まで勢力を落としました。15日夜に発生した台風16号の際には低気圧のまま関東南部に接近しましたが(→参考記事)、まるではじき返される様に沖縄の南まで押し戻され、17日9時には熱帯低気圧に再発達しています。

紆余曲折あったこの熱帯低気圧が、本日9時に再度「台風になるかも知れない熱帯低気圧」として気象庁から発表されました。左は発生時の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。オレンジ点線円は熱帯低気圧中心の直径1000km円を表しています。

今年は例年よりも多数の熱帯低気圧が小刻みに発生消滅を繰り返している印象を受けますが、これもそのひとつ。天気図には17日15時からルソン島付近に別の熱帯低気圧も載っており、ずっと「ダブル熱低」になっていましたが、本日ひとつに集約されてこの発表に至ったようです。南西諸島付近は今回の熱帯低気圧と秋雨前線がくっつく様に発達した雲に覆われており、しばらくは注意が必要そうです。