さそり座に新星候補天体、日本人5人が発見2019/09/17

20190916_PNV J17370958-3510211
夏が過ぎ、宵空早々西へ傾くさそり座に新星候補天体が発見されました。発見は15日の夜ですが、なんと5人もの日本の方々が1時間も差の無い撮影画像から立て続けに独立発見したとのことです。IAUに報告が載っている順に、山形県の板垣公一さん、群馬県の小嶋正さん、静岡県の西村栄男さん、愛知県の山本稔さん、三重県の中村祐二さん。いずれもアマチュア天体捜索のベテランですね。

昨日の当地・茨城県南部は朝から夕方近くまで曇りや雨が続いていましたが、日没頃から急速に晴れ上がりました。新天体確認にこのチャンスを逃す手はありません。ただ、対象天体は南西に低く、我が家の立地では望遠鏡設置が困難。無理矢理設置しても建物が邪魔で北極星が見えません。時間をかけてアラインメントする余裕も無いし、あまりにも水平方向のため「ノゾキじゃないか?」という世間の目も気になるので、大きな機材は諦めました。代わりに望遠レンズ+カメラのみを小型赤道儀に載せ、ベランダから短時間露光で狙ってみました。極軸が合ってないので段々ずれてしまう「ちりめん背景」ですが、光害などを軽減し最終的な仕上げたのが左上画像です。撮影後1時間でまたすっかり曇ってしまいました。

光害がタップリある方向なのでいろいろ酷い状態でしたが、目的の新星候補天体はしっかり写ってくれたようです。天体位置はさそりの毒針付近で、宮沢賢治さん作「双子の星」のモデルではないかと定説のあるλ星&υ星や、散開星団M7の近くです。天体は11等程度ですから、ある程度小さい光学系でも丁寧に撮影すれば十分写るでしょう。発見者のみなさんも135mmから200mm+フルサイズ程度の機材で見つけています。星座が分かればフレーミングは簡単。可能ならぜひ写してみましょう。(※光害のないところで撮影したら、本来は銀河中心の星々がビッシリ写るエリアです。→参考:4月16日記事「銀河系の中心を観る」

今日の太陽2019/09/17

20190917太陽
昨夜は宵のうち晴れましたが、月が登った後はすぐ曇り始め、夜の間は時々霧雨が降っていました。明け方急速に晴れ出し、今朝からは良い天気になっています。

20190917太陽リム
左は9:30過ぎの太陽。活動領域はありません。右上リムに小振りなプロミネンス。左下にも何か見えていますね。今日も静穏な太陽です。

早いもので、あと三日で秋彼岸の入り、そして23日は秋分。先月や今月は日付と月齢がほとんど一致してますから、月の形が想像しやすいですね。

今期初の「宵の明星」を確認2019/09/17

20190917日没直後の西空
今夕は日暮前から快晴です(左画像)。雲ひとつないのは本当に久しぶりのこと。透明度はあまり良くありませんが、ひょっとしたら見えるかな?と淡い期待を込めて探すことにしました。そう、夕空に回っているはずの金星と水星です。

8月14日に金星が、9月4日には水星がそれぞれ外合を迎えました。しばらくは太陽観測衛星SOHO-C3カメラに並んで写っていましたが(下A画像)、金星は11日、水星は13日にそれぞれ写角外へ出てしまいました。このカメラの視野角は半径8°程度なので、金星も水星も太陽からそれ以上離れたことを意味します。

日没時の太陽に対する金星の位置は星図ソフトなどで予め分かりますから、撮影するカメラの視野角から金星の通過ポイントを割り出し、カメラを向けておきます。ちょうど左上画像の真ん中・建物の上あたりです。あとは予定時間になったらシャッターを押すだけ。簡単な方法ですが、日没10分後になんとか金星と水星を確認できました(下B画像)。実は無謀にも8月17日頃から何度も挑戦していましたが、天気に阻まれていたんです。ようやく本日、今期初の「宵の明星」ご対面となりました。

金星はしばらく低空のまま、11月から12月にかけて木星や土星に接近。特に11月29日宵は18°角あまりの間に土星・月・金星・木星が大集合するので、豪華ですよ。宵の明星に「高さ」を感じる様になるのは来年になりそうです。

  • 20190910-0330UT-LASCO_C3

    A.SOHO-C3画像
    (9月10日3:30UT)
  • 20190917金星と水星

    B.今夕の金星と水星