台風になるかも知れない熱帯低気圧発生2019/09/01


20190831-2100熱帯低気圧
去りゆく8月の置き土産か…?気象庁の発表によると、8月31日21:00に「台風になるかも知れない熱帯低気圧」が台湾の南海上に発生したとのことです。左は発生時刻の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。夜間なので赤外バンドの白黒画像となります。オレンジ点線円は熱帯低気圧中心の直径1000km円を表しています。

この熱帯低気圧は既に30日9:00の地上天気図から載っており、台風12号の後を追う様に進行していました。このまま西進すると思われ日本には影響が無さそうですが、現地近くでは12号に続く嵐なので休む暇がありません。

更には、気象庁の台風監視区域内にこれとは別の熱帯低気圧がふたつもあり、これらも台風になる可能性を秘めています。奇しくも本日9月1日は雑節の「二百十日」であり、「防災の日」でもあります。しばらくは荒天必至の期間ですから、天気が落ち着いてくるまではご注意くださいね。

コメント

トラックバック