2019年の台風7号が発生2019/07/31


20190731-0900台風7号
昨日「台風になるかも…」と言われていた熱帯低気圧は、本日9:00に台風7号「ウィパー/WIPHA」になりました。直前の台風6号発生から5日後、6号消滅からは3日と18時間が経過しています。令和時代に入って既に五つ目となる台風で、発生間隔もだいぶ狭まってきましたね。

左は発生時である9:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/画像処理・地図等は筆者)。赤点線円は台風中心の直径1000km円を表しています。昨日からほとんど動いていませんが、ゆっくりと北西に進んでいるようです。香港はもうほぼ強風圏内ですね。8月3日頃まで海岸沿いに進み、そのまま大陸へ上陸するという予報が出ています。お近くに行くご予定の方は気を付けてくださいね。

今日の太陽2019/07/31

20190731太陽
昨夜から今朝は前夜同様透明度のない空でした。オマケにはぐれ雲がしょっちゅう通過していたため、機材を使った観測は諦め、しばし流星を探しました。でも1個も見えず…。2019/07/31は差から晴れているものの、やはり透明度は良くありません。前日より雲が多めです。本日は東北北部が出梅したとのことで、これで列島全部の梅雨が終わりました。

20190731太陽リム
左は15時過ぎの太陽。透明度が上がるまで待っていましたが、いつまでも変わらないので、やむなくそのまま撮影。通常設定の5倍も露出しなければ写りませんでした。活動領域はありませんが、右上リムのプロミネンスはまだ見えていますね。左上リムのものは光球内に入ってしまったようです。

今日も全国的に暑く、12時時点の真夏日地点数が746もありました。上昇ペースは昨日を楽々越えてますね。その後も増え続け、16時時点で真夏日地点数は777(昨日と同数)、猛暑日地点は146。今年最高記録です。まだまだ更新が続きそう…。また各地でのゲリラ豪雨も発生しており、京都では記録的短時間大雨情報も発表されました。

参考:
アーカイブ:記録的短時間大雨情報のリスト