2019年の台風5号発生2019/07/16


20190716-1500台風5号
「台風になるかも」と昨日に気象庁が発表していた熱帯低気圧は、本日16日15:00、台風5号「ダナス/DANAS」になりました。直前の台風4号発生から13日と18時間、消滅から12日と3時間が経過しています。

左は発生時の16日15:00、気象衛星ひまわりによる画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。赤点線円は台風中心の直径1000km円を表しています。

現在5号は西進していますが、明日夜までにほぼ北上に転じ、先島諸島や台湾を強風圏に巻き込む見込みとのこと。北緯30°付近で予報円が大きくなってますが、もっとも東寄りを進めば九州で大雨が降った地域も確実に台風圏内です。もし接近しなくても、台風が運ぶ湿った南風が梅雨前線を刺激することは十分考えられるでしょう。

台風は中心から離れていても大きな被害を起こします。しっかり最新情報を確認し、早めの対策をなさってくださいね。今週末に一足早く夏休みの沖縄旅行などを考えておられる方も要注意です。