三重の中村さん、はくちょう座に突発天体発見2019/07/09

20190708-TCP J20225930+5239030
三重県の中村祐二さんが七夕の夜(7日15:39UTごろ=8日0:39JSTごろ)、はくちょう座の一角に12.2等の突発天体を発見したそうです。矮新星かも知れないとのこと。昨夕少し晴れ間があったので早速準備にかかりました。

ところが薄暮が終わると同時に雲が大量にやって来て、折からの強い北寄りの風で気温も低くなりました。どう考えても撮影は困難そうでしたが、わずかに見え隠れする夏の大三角を頼りに雲向こうの対象方向に望遠鏡を向けました。あとは自動で何十分か撮影。12等星なら少しでも雲間が通過すれば写るだろうと賭に出ました。

結局鮮明に星が写ったコマは一枚もありませんでしたが、薄雲越しに恒星が確認できる5枚分(トータル約2.5分)をコンポジット。無理矢理仕上げてみました(左上画像)。雲は画像処理で強引に取り除いてあります。画質はザラザラですが、どうにか突発天体は写ってくれました。悪天続きの日本列島ですが、わずかな晴れ間を逃さず天体発見に精を出す捜索者の皆様に脱帽ですね。(※あまりにも撮影コンディションが悪かったので、7月10日夜に撮り直しました。