地球近傍小惑星「1999KW4」が見えてきました2019/05/28

20190527小惑星66391 (1999 KW4)
暑かった日々もようやく一段落なのか、昨日は西から天気が下り坂の空模様でした。関東も雲が増えてきましたが、幸いまだ薄い巻雲ばかり。昨夕は日が暮れてからも何とか星を辿ることができました。

5月21日記事で紹介した大サイズの地球近傍小惑星「1999KW4」がボチボチ低空に見えてくる頃でしたが、次第に雲が多くなる天候と宵の早い内に隣家の屋根に没する位置だったため、かなり躊躇しました。でもやらないで後悔するよりやって後悔。明るい内に望遠鏡をセットし、雲間にチラッと見えた北極星で極軸を合わせ、あとは勘を頼りに「ほぼ何も見えない空」を10分ほどガイド撮影しました。

結果は左上画像のとおり。オートガイドどころかガイド星すら見つからず、完全に放置プレイ。画像処理で軽減してますが、元画像はまるで雲写真です。その上1コマ14秒露出ですから、原画をどんなに眺めても小惑星は判別できません。でも移動量に従って40コマをメトカーフコンポジットしてあげると、みごとに星像が浮かんできました。たった10分ですが約6.6分角も移動しています。速いなぁ。

これから少しずつ高度を上げるので、晴れさえすれば見やすくなるでしょう。梅雨入り前にぜひ観察してくださいね。

コメント

トラックバック