今日の太陽2019/05/04

20190504太陽
昨夜から今日明け方までほぼ曇り空でした。夜明け頃ようやく星が見えだし、朝からはよく晴れています。昼には所々に積乱雲が見えました。

20190504太陽リム
左は12:50ごろの太陽。昨日から左リムに明るく見えていたところに黒点が確認できました。活動領域12740と採番されています。今日の8:31ごろをピークとしたC1.0クラスのフレアが発生しました。自転周期から言って12738が一周したと思われます。(12738が見えてきたのは4月7日の観察からでした。)

20190504-1036SOHO-C2
太陽観測衛星SOHOが午前中に撮影した画像を確認すると、フレアから約1時間後にはコロナがかなり大きく広がっていました(右画像/日時はUT)。黒点が大きいままなら、またしばらくは楽しめそうですね。

超新星が複数発見されている銀河は?2019/05/04

20190503SN2019ehk
4月29日、宵空高く登るかみのけ座のメシエ天体「M100」に超新星が現れ、ポーランドのJarosław Grzegorzekさんにより発見されました。発見光度は16.5等でしたが、その後15等後半まで明るくなっています。

左画像は5月2日から3日にまたがって撮影したもの。薄雲がとめどなく飛来して30分も露出できませんでしたが、超新星が明るくなっていて良く写ってくれました。先日ブラックホール画像が公開されたM87からは見かけ上4°も離れていません。ぜひ望遠鏡を向けてみてください。

古くからの星仲間であるmeinekoさんも5月2日に撮影されていますが、同氏の記事に「超新星が複数発見されているM天体」についての言及があり、とても興味を覚えました。M天体に限らないのですが、これまでにふたつ以上の超新星が発見された銀河は多数あって、「偏りがあるのかな?」と感じていたのです。いい機会なのでざっくり調べてみました。適切なデータベースが見つからなかったので、よく拝見していた超新星サイトのアーカイブを利用させていただきました。

超新星が出現した母天体(Host Galaxy)をM天体、NGC天体、PCG天体、UCG天体、IC天体に絞って集計すると、複数発見されているケースは500個を越えました。この中から特にひとつの銀河で4個以上あったものを下表に掲載しておきます。(※短時間で作業したため、間違いがあるかも知れませんのでご注意ください。)

なお、M100の超新星は今回を入れると6個目となります。M天体の中ではトップクラスに入るでしょうか。もし偏りがあるとしても、宇宙の揺らぎなどではなく人間的な理由…例えば観測者が見やすい天体とか、観測者の住む地域の気候に影響されるとか、そういうことも考慮する必要があるかも知れません…。少なくとも捜索者が少なかった時代については、特にそう思います。

【4個以上の超新星が発見された天体・2019年4月中旬までの集計】
天体名発見された超新星
IC11292003K・2012cs・PSN J15320170+6814480・2018bek
IC51452002dn・2003hy・2010iq・PSN J21542359+1509224
M511945A・1994I・2005cs・2011dh・AT2019abn
M661973R・1989B・1997bs・2009hd・2016cok
M831923A・1945B・1950B・1957D・1968L・1983N
M991967H・1972Q・1986I・2014L
M1001901B・1914A・1959E・1979C・2006X
M1011909A・1951H・1970G・2011fe・PSN J14021678+5426205
NGC3091999ge・2008cx・2012dt・2014ef
NGC10841963P・1996an・1998dl・2009H・2012ec
NGC13161980N・1981D・2006dd・2006mr
NGC13651957C・1983V・2001du・2012fr
NGC14481983S・2001el・2003hn・2014df
NGC15591984J・1986L・2005df・2009ib
NGC21462005V・AT2018iyu・AT2018hvo・2018zd
NGC22071975A・1999ec・2010jp・2013ai
NGC22761962Q・1968V・1968W・1993X・2005dl・2016gfy
NGC24662003gh・ASASSN-14dd・2016iye・AT2016cnz
NGC27481985A・2013ff・PSN J09132750+7627410・2017gkk
NGC27701999eh・2007uy・2008D・2015bh
NGC28411912A・1957A・1972R・1999by
NGC31471972H・1997bq・2006gi・2008fv
NGC31841921B・1921C・1937F・1999gi・2010dn・2016bkv
NGC32562001db・PSN J10275082-4354034・AT2018cux・2018ec
NGC33671986A・1992C・2003aa・2007am・2018kp
NGC36311964A・1965L・1996bu・2016bau
NGC36901992bu・1993G・1998T・2005U・2010O・2010P
NGC39381961U・1964L・2005ay・2017ein
NGC39471972C・2001P・2006aa・2013G
NGC40511983I・2003ie・2010br・AT2018ctz
NGC49391968X・1973J・2008aw・2014B
NGC54681999cp・2002cr・2002ed・2005P・2018dfg
NGC62402000bg・2010gp・2013dc・PSN J16525760+0223367
NGC6641996bw・1997W・1999eb・AT2018dcr
NGC67541998X・1998dq・2000do・2005cu
NGC6822TCP J19445890-1451183・AT2016evg・AT2016erh・AT2016erg・AT2016erf・AT2016esd・AT2016esc・AT2016esb・AT2016esa・AT2017fvz
NGC69071984V・2004bv・2008fq・2014eh
NGC69461917A・1939C・1948B・1968D・1969P・1980K・2002hh・2004et・2008S・2017eaw
NGC69511999el・2000E・2015G・AT2016ejj
NGC73722009hj・2010if・AT2016iyq・AT2017itc
NGC77532006A・2006ch・2013Q・2015ae
PGC599902002bw・2004iq・2008cs・2015cb
UGC47982005mf・2013V・PSN J09084248+4448132・2019cad
UGC70202001cf・2006C・AT2017hat・2019uo