マダガスカル近海を通るダブル・サイクロン2019/02/10


20190210ダブルサイクロン
南半球の「夏」はそろそろ終わろうとしていますが、サイクロンの活動は依然活発です。マダガスカル島の東沖で一週間ほど前から発生していたふたつの熱帯低気圧は、その後強いサイクロンへ発達しました。島や大陸への上陸はないものの、周辺の小さな島や、付近を航行する船舶・航空機に被害が及びそうです。

左は2月9日(日本時間10日になった頃)の地球観測衛星Terraによる画像(NASA・WorldViewから引用)。サイクロンが二つ、かなり接近して見えますね。FUNANIのほうは7日12:00UTから8日6:00UTまで最大風速115ノットの勢力を維持しました。またGELENAは今が最盛期で、なんと120ノットも出ています。なおFUNANIの南西にある渦はサイクロンではなく、一般的な寒冷渦です。

日本に住んでいるとなかなか南半球まで思いが及びませんが、時折世界中の衛星画像を見たり、地震や火山活動をモニターすることで地球の活動を積極的に調べるようにしています。

コメント

トラックバック