明け方に集う曜日星、明るくなった岩本彗星も2019/02/02

20190202明け方の東天
昨夜から今朝にかけ、良い天気が続きました。ただし昨日から吹き続ける風が夜になっても止みません。空も透明度が少し落ちています。でもせっかくの新月期なので焦点距離を下げ、天体を観察することにしました。

まずは明け方の光景からご紹介。24時間前の明け方は細くなった月と金星が接近し、すばらしい光景を楽しめました。今朝の月は更に高度を下げ、明け方にまわってきた超低空の土星と並んでいるはずです。土星は合付近でもっとも暗くなるため見えるかどうか怪しかったですが、月と一緒に登ってくる様子が観察できました。

20190202明け方の東天
左画像は天文薄明が始まって20分ほど経っていますが、画像処理で薄明光を軽減して星像を浮き立たせています。月に加えて木星・金星・土星という「曜日星」たちが勢ぞろい。これらの星々はちょうど夏の天の川と共に登ってくるので、山の上などで見たらさぞ豪華な眺めでしょうね。

どこに何があるかは右のマーカー付き画像をご覧ください。主なM天体も書き込んであります。星々の順序は変わりますが、約1ヶ月後の3月頭にも曜日星が勢ぞろいする星空になりますので、ぜひご覧ください(→参考:アーカイブ「多天体の接近現象」)。

時間は遡りますが、日付が今日になってすぐの頃からウィルタネン周期彗星(46P)、続いて岩本彗星(C/2018Y1)を同一機材で観察しました。ウィルタネン彗星を撮影し始めた頃は時折4m/s程度の風が吹き付けましたが、撮影終わりの頃には2m/s程度まで収まりました。 下の二画像は機材・露出時間・縮尺まで揃えてあります。だいたい似たような画像処理を施しましたが、もう完全に岩本彗星がウィルタネン彗星を追い越してしまったようですね。これから次の満月までが見頃ですから、こちらも楽しんでくださいね。

  • 20190202ウィルタネン周期彗星(46P)

    A.ウィルタネン周期彗星(46P)
  • 20190202岩本彗星(C/2018Y1)

    B.岩本彗星(C/2018Y1)


参考:
岩本彗星(C/2018Y1)に関係する記事(ブログ内)
ウィルタネン周期彗星(46P)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2019/02/02

20190202太陽
朝からよく晴れていますが、毎度お馴染み季節風が強めに吹いています。透明度は良いものの、大気の揺らぎはやや悪い感じ。

20190202太陽リム
左は11:30過ぎの太陽。活動領域はありません。右下リムに明るく見える小さなプロミネンスが宙に浮いているように見えました。右上や左下リムにも高く伸び上がったプロミネンスが確認できます。

もうスギ花粉が飛び始まっているようで、敏感な人はアレルギーが出ているでしょう。花粉光環が見える程ではありませんが、ぼちぼち要注意です。あまり出て欲しくはないんですが…。