曇る前に彗星観察2019/01/06

  • 20190106ウィルタネン周期彗星(46P)

    A.ウィルタネン周期彗星(46P)
  • 20190106ステファン・オテルマ周期彗星(38P)

    B.ステファン・オテルマ周期彗星(38P)


昨夜から今朝は若干気温が高く、迫り来る曇天(?)の前触れのようでした。ただ、意外に星空が綺麗だったので、曇るまでの間にウィルタネン周期彗星(46P)とステファン・オテルマ周期彗星(38P)を撮影することにしました。

上画像は彗星頭部を止めるようにコンポジットしたものですが、これはつまり線状になった恒星が彗星の移動方向や移動量を表していると言うことです。両方とも1時間露出で画像上が天の北方向。ウィルタネン彗星は概ね西から東へ向かっており、少し前の画像と比べてずいぶん南北の移動量が減ったことが分かるでしょう。画像上に近くなるほど北極星に近くなるのですが、移動の北向き成分は9日深夜から10日明け方に逆転するので、そのときがいちばん「北寄り」ということになります。以降、ウィルタネン彗星は南下を始めます。

いっぽうステファン・オテルマ彗星は2月上旬まで北上を続けながらゆっくり暗くなります。画像では恒星の軌跡がまっすぐ立っていて、いかにも北上と分かりますね。いつも撮影時の方向を揃えておけば、画像を見ただけで彗星の様々な情報を得ることができるのです。

撮影終了間際から南天に雲が通過するようになりました。いかにもな南岸低気圧の雲です。

参考:
ウィルタネン周期彗星(46P)に関係する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック