月明かりの中のウィルタネン彗星2018/12/20

  • 20181220ウィルタネン彗星とカリフォルニア星雲

  • 20181220ウィルタネン彗星



昨夜は少し雲が出た時間帯もありましたが、夜半過ぎから今日の明け方前まで概ね晴れました。既に月齢12を越していますが、月が建物などに隠れれば何とかウィルタネン周期彗星(46P)に望遠鏡を向けることができます。(要は望遠鏡への月光直射を避けられれば良いのです。)前夜よりもカリフォルニア星雲に近くなっているので、ダメ元で撮影してみました(上A画像)。

月と彗星の離角は30°あまりでしたが、どうにか星雲を取り出すことができました。バンドパスフィルターなどを駆使すれば星雲自体の長時間露光は簡単なのでしょうが、彗星は移動してしまうためワンシーン撮影はこれが限界です。500mm+APS-Cでも撮影しましたが(上B画像)、彗星が遠くなってしまったためか、あるいは月明かりのせいか、いつもの大きなコマではありませんでした。どのみちこれから小さくなり、1ヶ月に1等程度ずつ暗くなるので、これもまた大切なひとつの記録。それよりもビックリするほど北上したので、明け方が近くなっても沈まないで見えていることがすばらしい。月末には全国の多くの地域で「周極彗星」になるでしょう。

参考:
ウィルタネン周期彗星(46P)に関係する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック