2018年9月頭までの真夏日と熱中症搬送人数・途中経過2018/09/04

2018年真夏日と熱中症(途中経過)
本日消防庁から9月2日までの熱中症搬送人数等のデータが公開されたので、気象庁発表の真夏日データと合わせて2018年の途中経過グラフを掲載します。両データとも5月1日から9月2日までで、熱中症搬送人数のうち8月1日以降は速報値です。

既に報道されている通り、今年の夏は1日あたりの熱中症搬送件数が7月18日に過去最高となりました。速報値では3736人でしたが、その後の確定値で上方修正され、3809人となっています(→7月23日記事参照)。

そう言えば最高気温の日本記録が更新されましたね。1933年7月25日に山形県で最高気温40.8度が記録され、「日本最高気温の日」が決められて以降、2013年8月12日高知県での41.0度を経て今年7月23日埼玉県での41.1度に至ります。「日本最高気温の日」も度々変更になったわけです。

時を同じくして、昨日気象庁から2018年夏(6~8月)の天候の資料が発表されました。気象関係者や興味がある方だけでなく、一度でも「今年は暑い」と感じた方、10年後もまだ日本で暮らしているだろう方など、できるだけたくさんの人に目を通していただきたいなと思います。ひと頃毎日のようにニュースになった熱中症や真夏日も、涼しくなると無かったことのように忘れてしまうのでは、環境理解も保全も永遠に進まないでしょう。

8月中旬以降は前線南下や台風接近などによる日照低下で暑さが収まりつつありますが、今回の台風21号が去ったらぶり返すという予報も聞きました。残暑が厳しいまま名月を見上げるのは悲しいもの。どうか「暑さ寒さも彼岸まで」の通りになりますように。

参考:
アーカイブ:真夏日と熱中症(ブログ内)
想定外と言わないために(2018/08/10)
こんな暑い時期にオリンピック?(2017/08/01)

台風21号は温帯低気圧になりました2018/09/05


20180905-0900気象衛星画像
西日本に大きな爪痕を残したのみならず、東日本・北日本にも大雨を降らせた台風21号は、本日9:00に温帯低気圧になったと気象庁から発表がありました。速報値ですが、発生から丸8日間の活動時間でした。

左は21号が消滅した本日5日9:00の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。また赤線は台風中心が辿った経路を表しています。台風でなくなったとは言え、名前が変わっただけで、まだ周囲の雲は発達しており、強い風も残っています。しばらくは注意が必要ですね。

下図は21号発生から消滅までの気象庁発表速報値を元に描いた、各観測値のグラフです。3日午後から移動速度が急激に増加し、昨夜には4倍以上に達しました。これはちょうど四国の南から近畿を通過して日本海へ抜けた時間帯に当たります。

関東にいた私でも昨夕から夜半にかけての風速変化があまりに急だと感じたほどですから、台風直下にいた方々はあっと言う間の出来事に思えたのではないでしょうか。7月頃のノロノロ台風とは全く違いますね。たくさんの被害が出ていますが、一日も早い復旧を願っております。なお画像にも写っていますが、四国のはるか南、ルソン島のはるか東の海上で熱帯低気圧(これも本日9:00低気圧から発達)がゆるい渦を巻き始めていますね。今のところ西北西に進んでいますが、これも要注意です。

  • 2018年台風21号・中心気圧の変化(速報値)

    中心気圧
  • 2018年台風21号・最大風速の変化(速報値)

    最大風速
  • 2018年台風21号・強風域直径の変化(速報値)

    強風域直径
  • 2018年台風21号・移動速度の変化(速報値)

    移動速度


今日の太陽2018/09/05

20180905太陽
朝まで雨と強風が残りましたが、午前中早いうちに快晴となりました。ただ風は夕方近くになってもまだ止みません。少なくとも数日は続くようです。

20180905太陽リム
風に揺れる望遠鏡をなだめつつ、14時頃太陽を観察しました。活動領域はなく、フィラメントも見えません。ただ、プロミネンスは主に三方向確認できました。

南風が熱を運んで、当地は真夏日となりました。気象庁サイトによると15時現在の真夏日地点数は426点あり、9月以降ではまた8月末の暑さに戻ってしまいました。明日はもっと暑くなりそうです。

北海道で大きな地震が発生2018/09/06

北海道の大きな地震・震央マップ
気象庁によると、本日9月6日3:08分頃に北海道胆振地方中東部を震源とした最大震度6強(→午後に震度7に修正された)の地震が発生したとのことです。速報による震源位置は北緯42.7度、東経142.0度、深度は40km、マグニチュードは6.7とのこと。

この地震により、厚真町で震度7、安平町早来北進と安平町追分柏が丘で震度6強、新千歳空港で震度6弱を記録しました。北海道近辺で震度6弱以上を記録した地震はデータが残っている1923年以降では6回しかありません(記事末の表参照)。震度6強以上は初めてです。左図は気象庁・震度データベース検索に記録されているデータを元に、道内で震度5弱以上を記録した地震の震央分布図。今回の地震は震央が陸域にあるケースのなかで、やや深いクラスとなっています。



【追記】今日発生した地震の速報による地震回数を、0:00から23:59までまとめてみました(下図A・B)。また2017年1月から発生した北海道近辺(海部も含む)の地震回数を月毎に数えてグラフにしました(下図C)。今後の推移を見守りつつ、必要があればデータを集めて記事にしたいと思います。(※下図は速報発表時の値によるもので、最初の最大震度が7だった事も判明していないままの状態です。ご了承ください。)

  • 2018年9月6日・平成30年北海道胆振東部地震・M別

    A.マグニチュード別
  • 2018年9月6日・平成30年北海道胆振東部地震・最大震度別

    B.震度別
  • 北海道地震・過去推移

    C.これまでの推移


【北海道で震度6弱以上が記録された地震】
発生日時/地震名称震央地名震央北緯震央東経マグニチュード震源の深さ最大震度
1982年3月21日 11:32
浦河沖地震
浦河沖42.07142.60M7.140km6
1993年1月15日 20:06
釧路沖地震
釧路沖42.92144.35M7.5101km6
1994年10月4日 22:22
北海道東方沖地震
北海道東方沖43.38147.67M8.228km6
2003年9月26日 4:50
平成15年十勝沖地震
十勝沖41.78144.08M8.045km6弱
2003年9月26日 6:08
平成15年十勝沖地震(余震)
十勝沖41.71143.69M7.121km6弱
2016年6月16日 14:21
(名称なし)
内浦湾41.95140.99M5.311km6弱

  • 気象庁・震度データベース検索に記録されている1923年1月1日0:00から2018年9月4日23:59までの全て地震が対象です。
  • 1996年4月1日の震度階級改定以前は震度5と6に「強/弱」の区別はありません。


参考:
北海道胆振東部地震から一週間の地震回数(2018/09/13)
北海道胆振東部地震の震源推移を見る(2018/09/10)
ハワイ・キラウエア火山が噴火(2018/05/05)
アフリカのこと。(2018/04/11)
メキシコ周辺の地震分布(2017/09/24)