強大なのに進路が定まらない台風24号2018/09/24


20180924-1630台風24号
台風24号は今日24日夕方現在、「非常に強い」勢力まで発達し、24時間内にはもっとも上位の「猛烈な」クラスとなる見込みです。進行経路と言い発達具合と言い、9月上旬の台風22号と似ています。

左は本日16:30の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。既に南西諸島が台風の北に見えています。ところが、21日夜の発生から何日も経つのに、天気予報の台風進路が一向に定まらないままここまで来てしまいました。ここ数日の進路は小さな要素でも後々大きく変わる原因になると思われます。

20180924-1500JST台風24号予報円
右は気象庁サイトからの引用で、本日15:00の72時間予報円。赤い線で描かれた暴風域が現在の強風域よりも大きくなっていて、何の冗談かと思いました。これはもちろん「暴風域がかつて無いほど広大になる予想」なのではなく、「予報が定まらないため、赤線の中のどこが暴風域になってもおかしくない」という可能性を示した図です。そう分かっていても、定まらないということが不安を煽りますね。

こうした図になる前に作られる気象予測モデル地図は普段の天気予報であまり見かけないと思うので、NOAAが公開しているいくつかの気象モデルデータを使って、発生直後から24時間ごと三日間の経路予想地図を描いてみました。比較のために台風22号でも同じ設定で描いたので、下に示します。

モデルによっては最大168時間先まで予測していますが、ABC図を見ると、台風22号の予測は一貫して非常にまとまっていたと言えましょう。最終的に22号中心はルソン島北部を通過しましたが、それを一週間前に計算できていたことは驚きです。ところが、同じ気象予測モデルなのに、今回は発生後から全くまとまりを見せていません。今日午前時点で最新だったF図でも、本州まで到達している予測もあれば台湾へ抜ける予測もあります。気象関係者も、影響を受ける地域の方々も、悩むでしょうねぇ…。

もしみなさんが今日空に飛ばした風船が割れもせず落ちもせず飛んだとして、一週間後どこにあるか分かりますか?天気予報ってそう言うことだと思うんです。さあ、この台風は一週間後どうなるでしょうか???

  • 2018090712_26W

    A.台風22号進路予測
    (基準日時:9月7日12:00UT)
  • 2018090812_26W

    B.台風22号進路予測
    (基準日時:9月8日12:00UT)
  • 2018090912_26W

    C.台風22号進路予測
    (基準日時:9月9日12:00UT)


  • 2018092112_28W

    D.台風24号進路予測
    (基準日時:9月21日12:00UT)
  • 2018092212_28W

    E.台風24号進路予測
    (基準日時:9月22日12:00UT)
  • 2018092312_28W

    F.台風24号進路予測
    (基準日時:9月23日12:00UT)


【9月27日9:00追記】
その後の台風24号進路予測を三日ぶん掲載します。どうやらやっと意見がまとまってきたようですね。

  • 2018092400_28W

    G.台風24号進路予測
    (基準日時:9月24日0:00UT)
  • 2018092500_28W

    H.台風24号進路予測
    (基準日時:9月25日0:00UT)
  • 2018092600_28W

    I.台風24号進路予測
    (基準日時:9月26日0:00UT)


虹色の美しい名月2018/09/24

20180924中秋の名月
明日からまたしばらく雨や曇りの天気予報でした。今夜の名月も無理かなあ、と半ば諦めていましたが、夜になって少し経つと、たまに晴れ間がやって来るようになったのです。断片的で時間は長くないけれど、10分でも快星があれば眺めて楽しんだり撮影することができるでしょう。意外に大気は落ち着いていたため、時々見える1等星や火星などもスッキリした輝きでした。

左は21時過ぎの晴れ間に急いで撮影した、今年の名月。実際の満月は明日25日11:52なので、半日あまり前の位相ですね。良く見ると左側(東側)がわずかに欠けているのが分かります。月面Aデーは昨夜でしたが、今日の月もA地形の存在が分かります。また左下には東の海(オリエンタレ盆地)の三重クレーターのうち、最外周と、その内側の二重目まで確認できますね。ちなみに太陽黄経差は172.98°、撮影高度は約40.2°、月齢14.76。最近ずっと晴れ間が無かったので、実に奇跡的と言えましょう。

このあと30分ほどで完全に曇ってしまったのですが、実は撮影前後は更に美しい光景でした。淡い雲や小さいうろこ雲がひっきりなしだったので、そこに月の光環が現れていたのです。下のA画像は月拡大撮影前に見えた光環。この頃は一重の環しか見えませんでした。ところが拡大撮影を終えた頃から種類の違う雲が飛来し、B画像のように三重目の赤まで確認できる環になってくれました。(※2枚の画像は拡大率が違います。)中秋の名月が光環になってくれたこと、今まであったかなぁ?日付が変わった頃にはC画像のような内暈もチラッと見えました。ちょうど内暈上にあったペガスス座γ星と月との角距離を測ると約21.93°。うん、確かに22度ハロですね。天気が崩れる前、空からのステキな贈り物でした。

  • 20180924中秋の名月の光環

  • 20180924中秋の名月の光環

  • 20180925月の内暈