いよいよ火星が大接近2018/07/31

20180731火星
いよいよ火星大接近当日になりました。明け方より今夜のほうが火星と地球の距離が近いですが、今夜晴れるという保証はありませんので、先行して今朝方に観察しました。

左は31日1:30頃の火星。ちょうど24時間前に撮影した火星と比べると、少しだけ自転してますね。火星の一日は地球にとても近く、約24時間40分ほどです。でも少しだけ違いますから、地球の時計で毎夜同じ時刻に見ると、模様が少しずつずれるのです。

20180731火星図
右図は撮影時刻のGuideによる火星図。ちょうど中央を挟んで大小のシルチスが並んでいます。ヘラスや南極冠も明るく、模様の明暗がいちばん多いところでしょうか。大接近時にこの地形が見えるとは、いささか出来過ぎてますねぇ。ときおり雲がやって来ましたが、前夜より晴れ間が多いので落ち着いて観察できました。ただ気流の乱れは前夜の方が穏やかでした。同じように晴れていても、上空がほんのちょっと乱れるだけで拡大像に大きく影響するのです。

20180731天王星
時間があったので、もっと外側の惑星を撮ってみようと思いました。残念ながらちょうど南中していた海王星は月に近すぎて手動で導入する自信がなかったので、望遠鏡を東天の天王星に向けました。右画像は拡大率が上の火星と揃えてあります。模様などは分かりませんが、ちゃんと面積を持った惑星として写ります。火星に比べてとても暗いので、撮影条件がなかなか難しく感じました。

さて、今夜のお天気はどうなるでしょうか。

参考:
2018年火星の地球接近に関する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック