ガラパゴス諸島で火山が活発化2018/06/28


20180626-2300UT_GOES16_ガラパゴス噴火
新燃岳ではふっと思い出した頃に噴火が起こり、昨日も発生しました。世界に目を向けると、ここ数ヶ月でハワイのキラウエア火山を始めいくつかの大きな噴火が起こっています。そんな中、世界遺産として有名なガラパゴス諸島でも爆発的な噴火が発生したようです。

今回噴火があったのはイサベラ島のシエラネグラ火山(Sierra Negra)。Instituto Geofísico-Escuela Politécnica Nacional (IG)によると、22日頃から何度か発生したマグニチュード4から5の地震の後、26日午後1:40(ガラパゴス時間GALT=世界時-6時間=日本時-15時間)に噴火が始まり、噴煙が10.5kmまで立ち上ったということです。大規模な噴火は2005年10月22日以来で、そのときは5万フィート(約15km)まで噴煙が上がったそうです。左上は26日23時UTC(日本時間27日8時)にアメリカの気象衛星GOES-16が撮影した画像を処理したもの(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。現地ではそろそろ夕方の時刻ですが、高く立ち上った噴煙の影が非常にクッキリしており、西日を全く通さないほど濃いことが分かりますね。火山ガスは西から西南にかけて流れているようです。太陽高度が分かれば影の長さから大凡の高度を計算できると思いますので、ご興味ある方はチャレンジしてみてください。(※経緯度の目盛は1度四方です。)

20180616-2100UT_GOES16_ガラパゴス噴火
ガラパゴス諸島では10日前にもフェルナンディナ島のラ・クンブレ火山が噴火したばかりでした。16日11時過ぎ(GALT)頃から発生し、溶岩流が海へ到達したとのこと。右画像は左上画像と同じエリアですが、16日21時UTCの様子。島の北海岸から噴煙が出ていますね。

ガラパゴス全体はハワイ諸島のようにホットスポットによって次々に島が生まれたタイプの島々。ハワイを乗せた地殻は北西もしくは西北西へ向かっていますが、ガラパゴス付近は南東もしくは東南東へ向かっていると考えられています。貴重な生態系を保有しているだけに、度重なる噴火による生物へのダメージが心配ですね。

【参考】
ガラパゴス諸島付近およびハワイ諸島付近の海底地形図を掲載しておきます。図法・縮尺・配色などは統一しました。白っぽい色は陸域、それ以外は海底地形です。(標高・水深データ:SRTM30plus/正射図法で描画。)

  • ガラパゴス諸島付近の海底地形

    ガラパゴス諸島付近の海底地形
  • ハワイ諸島付近の海底地形

    ハワイ諸島付近の海底地形


コメント

トラックバック