よく晴れた宵に金星や月を眺める2018/05/22

20180522金星とM35の接近
今日はとても良いお天気で、宵の天体観察が楽しみでした。でも私用で出かけて夕方帰宅した頃にはヘトヘト。こういうときは病気持ちの身体が恨めしいですね…。ひどい頭痛がしたのでちょっと横になり、ハッと気付くともう20時!

架台だけセットしておいたので、急いで鏡筒とカメラを搭載し、金星に向けました。昨日起こったはずの金星とM35の大接近が曇って見えなかったので、今日こそは観察したかったのでした。金星はもう随分低く、写野内には低空の電線も入ってしまいました。それでもシャッターを切り続け、何とか捉えたのが左画像です。

20180522月面X
もう少し早い時間なら鮮明だったかも知れませんが、そうなると薄明の影響も強いし、月明かりの影響もあったし…この辺のトレードオフは何とも言いがたいですね。まぁとにかく並んで写ってくれて良かったです。M35は天頂付近で撮影すると実に見事なんですが、低空なのでこれが精一杯。それ以前に、やはりもう10分早く撮るべきでしたね。反省、反省。

もうひとつ楽しみだったのが月面X。今日は日が沈む少し前にX地形全体に日が当たってしまったので、出現の観察はできませんでした。でも暗くなってからすっかり明るくなったX地形を探すのも良いものです。初めてご覧になる方はこのほうが良いでしょうね。

大気の揺らぎがそれなりにあって右画像は若干不鮮明ですが、色々な月面景勝地が観察できました。最近はX地形やV地形、A地形の他にもアルファベットを探すのが流行っているようなので、ぜひ26文字揃えていただきたいです。

当地・茨城では明日夜に雨予報が出ています。良いお天気の中で色々観察できたのは幸いです。

コメント

トラックバック