薄曇りながら超新星をふたつ観察2018/04/20

  • 20180419_AT2018aup in PGC1062642(MCG-01-22-018)

    AT2018aup in PGC1062642
  • 20180419_AT2018ast in NGC3812

    AT2018ast in NGC3812


昨夕から薄雲が空を覆い始めました。夕方の三日月や金星は少し朧になって美しかったのですが、天体観察には不向きな空。午後に吹き始めた強めの風も少し残っています。それでも宵のうちに写したい超新星などがあったので、望遠鏡を向けました。

ひとつはPGC1062642(MCG-01-22-018)といううみへび座にある銀河の超新星AT2018aup。山形県の板垣公一さんによる発見です。明るさは17等台前半で私の機材ではギリギリですが、辛うじて写りました。宵空は薄明がなくなっても生活光などがまだ明るいのでノイズが多く、また私の観察場所ではすぐ建物に隠れる方向なので厳しい条件でした。昨日も撮りましたが失敗しています。

もうひとつはNGC3812の超新星AT2018ast。こちらはほぼ天頂方向でしたが、なぜか昨夜はガイドが不安定でした。雲が時々やってきたせいでしょうか。まぁ超新星は辛うじて確認できます。さらにいくつか写したかったけれど、この後明け方まで雲が多くなってしまいました。夜中の気温が10度を越えるようになり、ここ二日は結露がすごいです。

コメント

トラックバック