土星が太陽から最遠となりました2018/04/18

土星接近図
たぶん天文ファンでもほとんどの方が気にも留めない現象が昨夜17日20時台に起こりました。それは「土星の遠日点通過」です。つまり昨夜の土星は軌道一周ぶんの中で太陽から最も遠くなったのです。とは言っても何か派手なことが起こる訳でもなく、むしろ遠くて暗くなってしまうので惑星好きな方からは疎まれる現象かも知れません。

土星はおおよそ30年かけて太陽を巡ります。多くの惑星と同様に軌道が若干楕円になっていますから、「近日点」と「遠日点」が存在します。30年一巡りの中で1回ずつ通りますから、人間の一生でそのタイミングに立ち会えるのは多くても各3回ずつ。そのうち1、2回は幼少だったり高齢だったりするので、まぁせいぜい1回ずつ意識できれば良いほうでしょう。それが昨夜だったわけですね。こう考えると、このたいしたことない現象でも貴重に思えませんか?

ところで、地球と土星は約1年ちょっとの周期で衝を繰り返します。衝の日は地球から見た土星が太陽と正反対になり、衝の近辺で地球−土星間の最接近が起こるのです。そのときが年間でいちばん大きく明るく見えます。今年の衝は6月27日22時台、そして最接近は約4時間後です。

土星と地球の最接近は、なぜか火星の大接近ほど騒がれません。同じような現象なのにこの扱いの差はいったい…?それはともかく、以前に作った「火星と地球の接近図」(→アーカイブ「火星の地球接近」参照)と同じように、土星の接近図も計算&描画してみました(左上図)。火星の図と比べるととてもシンプルですね。この図は黄道座標の黄経値のみで描いていますが、実際は地球・土星共に画像平面(=黄道面)から若干上下(黄緯方向)にはみ出ます。土星遠日点の日心黄経は約273°あまりなので、春分点方向と描いてある位置から反時計回りに273°回った辺り…つまりこの画像で太陽の真下方向あたりが土星遠日点方向です。もちろん遠日点の反対側が近日点となります。

下には図の描画に先立って計算した土星・地球の接近日時諸元表を掲載しました。前回の土星近日点(2003年7月下旬)から次回の近日点(2032年11月末)の間に起こる全ての接近を書き出してあります。最初にのべたように昨夜遠日点だったわけで、今年を含む前後数年間は最接近時の光度が暗くなっていますね。そしてナント!今年の最接近はここに書いてある全最接近の中で「もっとも遠い最接近」なのでした。良くも悪くも、こうした巡り合わせは正に天のみぞ知るところでしょう。

【土星と地球の接近】  ※衝の日時とは若干違いますのでご注意。
地心接近日時
(JST)
地心距離
(AU)
地心距離
(km)
光度
(等)

視直径
(秒角)
本体赤道
視直径
(秒角)
本体極
視直径
(秒角)
2004年1月1日 1:439.033378368012042821610.4346.8520.6418.62
2005年1月14日 3:439.059227206612080959530.4446.7020.5818.56
2006年1月28日 3:569.111590041012157575150.4746.4120.4518.45
2007年2月11日 0:269.186940866612267565750.5145.9920.2718.28
2008年2月24日 15:509.280442949412403757230.5645.4920.0418.08
2009年3月9日 1:559.386476105012557912810.6144.9319.8017.86
2010年3月22日 7:149.499182038412721508650.6744.3519.5417.63
2011年4月4日 7:549.612838903312886258360.7243.7919.2917.40
2012年4月16日 3:389.722070435313044353790.7743.2619.0617.19
2013年4月28日 18:239.822041978013188833240.8242.7818.8517.00
2014年5月11日 4:349.908624547013313715230.8642.3818.6716.84
2015年5月23日 12:179.978432369113413985280.8942.0618.5316.72
2016年6月3日 18:4110.028897262113486095590.9141.8418.4416.63
2017年6月15日 23:0210.058207389413527649220.9241.7118.3816.58
2018年6月28日 2:0310.065237299713536836140.9241.6818.3716.57
2019年7月10日 5:3710.049461450213512868720.9141.7618.4016.60
2020年7月21日 11:3410.010813082413455886990.8941.9318.4816.67
2021年8月2日 20:089.950017370913367000530.8742.2118.6016.78
2022年8月15日 6:499.869505261113249648130.8342.5918.7616.93
2023年8月27日 20:479.773002791213109275550.7943.0418.9717.11
2024年9月8日 16:149.664850295312952285490.7443.5619.2017.31
2025年9月21日 17:029.549932101112785788260.6944.1319.4517.54
2026年10月4日 23:079.433575098612617464600.6444.7219.7017.77
2027年10月18日 9:569.321455081812455510260.5845.3019.9618.01
2028年10月31日 1:249.219411940012308276410.5345.8420.2018.22
2029年11月13日 21:309.133116462712183869080.4946.3120.4118.41
2030年11月27日 21:419.067722027512089798900.4546.6720.5618.55
2031年12月12日 0:369.027428038112032258380.4346.8920.6618.64

  • 最初の接近図は土星が地球に接近するときの位置関係を軌道図で示したものです。(1600ピクセル四方の大サイズ画像ですのでご注意。)地球軌道に対して垂直に、黄道の北極側から南極方向を向いて描きました。黄緯方向のズレは考慮していません。また背景の恒星はステラナビゲーターを使用しています。
  • 惑星と太陽の大きさは原寸比率通りではありません。
  • 計算はNASA・HORIZONSによります。計算値は適当な桁数に丸めてあります。
  • 環はA環外周(半径136775km)までとして視直径を計算しました。


参考:
土星の環の傾きが最大になりました(2017/10/17)

コメント

トラックバック