天宮1号の素晴らしいパス2018/03/30

20180330天宮1号
今朝方は昨日の朝より少し気温が高めだったものの、5m/s程度の北風が吹いて寒く感じました。空の透明度はかなり悪く、月が暗く感じるほど。でも昨日より好条件な天宮1号パスが予定されていたので、見に行くことにしました。カメラ片手に近所の見晴らしよい場所へレッツゴーです。

桜並木を見つつ歩くこと20分。到着した頃には雲も湧き始めていました。もう4時を過ぎて薄明が始まっていますが、昨日のパスより30分も早いおかげで、まだ暗いうちに観察できそうです。機材を組み上げ、予定より少し早く撮影開始。すると予定時間ちょうどに天宮1号がさそり座付近から飛び出してきました。いやあ、今まで見てきたどのパスより明るい!最後の最後でこんな眺めに出会えるとは、何と幸運なのでしょう。

20180330天宮1号
画像の通り、今朝の経路は昨日とほぼ同じです。火星と土星がフレーミングの目印となりました。明日以降も関東での可視パスがあるにはありますが、いずれも条件は悪そうです。

落下予想の最遅日はだいたい4月2日の昼ですが、3月31日0時から4月2日12時までの間に日本の領海を通過するパスはおよそ18回あります。そのうち12回は日本の陸域を通過します(全て明け方から午前中の時間帯)。はてさてどうなりますやら。

20180330沈む月と花粉光環
余談ですが、西に沈みかけた月齢12の月に盛大な花粉光環が見えていました(右画像)。高度10°を下回っており、縦長の楕円形が強調されているのが分かりますね。天宮1号撮影のため広角レンズ1本しか持っていかなかったので、拡大撮影できなかったことが悔やまれます。

参考:
2018年春に落下予想の「天宮1号」に関する記事(ブログ内)
午後に花粉光環がクッキリ(2016/03/15)…光源が低いほど花粉光環が楕円になることについて

今日の太陽と花粉光環2018/03/30

20180330太陽
朝からよく晴れています。北風が流れ込んだためか、ここ数日に比べて気温上昇は鈍く、空気も透明です。

20180330太陽リム
左は9:40頃の太陽。活動領域はありませんが、待望!の活動領域候補が現れました。左リムやや下の明るい領域です。ここは昨日明るい小さなプロミネンスが見えていたところですね。さて黒点は現れるでしょうか?この他、やや大きめのプロミネンスが数カ所見えました。

20180330花粉光環
さて、透明度がよいことも手伝って、今季最恐と思える花粉光環が見えました。太陽を隠し、減光フィルターで肉眼を向けた途端に「おえっ」となるほど濃い光環です。特段強調しなくても画像でクッキリ写りました。赤い環の四重目まで確認できますね。四重目まで見えることはあまりありません。貴重な観察ができてありがたいけど、ありがたくない…

金星と地球のツーショット2018/03/30


20180325-0110金星
ここ何日か夕空の金星を見ていて思ったことがありました。「いま春分から間もない時期。太陽を追いかけるように沈む金星は天の赤道からあまり離れていないはず。ひょっとしたら気象衛星に写っているかも。」

以前の調べで、0等以上の惑星や恒星が気象衛星ひまわり画像に写ることは分かっていました(→関連記事参照)。金星は十分明るいのですが、惑星の場合むしろ問題なのは「動いてしまうこと」。ひまわりに写るには、地球中心に対して赤緯がプラスマイナス約8.6°の範囲にいる必要があります。

早速計算してみたところ、2月20日ごろから一昨日3月28日ごろまで範囲内でした。あとはひまわりが撮影する10分間隔で地球のそばに金星が見えるタイミングを探せば良いだけです。直近で写っていたのは3月25日1:10の全球画像(左上画像/画像元:NICTサイエンスクラウド)。美しい光景ですね。この他何枚か見つけました。

そう言えば3月頭頃には金星と水星が接近していましたね。離角が1°を越していたので原理的に一緒には写りませんが、ひょっとしたら10分間隔で撮影している隣り合わせの画像に写っているかも…そう考えて探したところ、3月1日に両惑星が見事に写っていました(下画像/隣り合わせです)。さすがに水星は金星よりずっと暗いけれど、モニター上ですぐ分かりました。水星の10分後に撮影された金星が左右方向にほとんどズレてなかったことに驚かされました。なんと、このとき水星と金星との赤経差はだいたい10′だったのです。実に神がかったショットですねぇ。

  • 20180301-0050水星

    2018年3月1日0:50の画像
  • 20180301-0100金星

    2018年3月1日1:00の画像