黄砂のシーズンです2018/03/28

20180328黄砂
左画像をご覧ください。本日3月28日14:00撮影の気象衛星ひまわり画像です(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。朝鮮半島から北海道西沖を通り、カムチャッカ半島にかけて茶色の帯が見えますね。

可視バンド+近赤外バンドを組み合わせて見た目に近いように合成しましたが、明らかに雲とは違うものです。これはご存じ「黄砂」。ゆっくり東へ移動しており、今夜辺りに拡散したこの帯が北海道や東北地方に到達する見込みとのことです。

2017年4月23日記事に簡単な統計を示しましたが、黄砂は日本付近に雨が多い初夏から中秋までを除き、ほぼいつでも飛来する可能性があります。特に多いのは3月から5月。つまり今は黄砂シーズン真っ盛りなのです。全国的にPM2.5も時々多くなっています。ご注意くださいね。

20180328黄砂観測
(翌日追記)
結局日付を跨ぐ前に黄砂が到達したようです。右は気象庁サイトからの引用で、3月28日の黄砂観測実況図(地名書き込みは筆者)。これが2018年の初観測となります。

コメント

トラックバック