雷光が去るのを見ながら天体観察2018/03/25

昨夜から今朝にかけて晴れることを期待していましたが、夜半過ぎまで北側数十キロ先を次々に通過する雷雲に邪魔されました。星が見えるのに稲光が空全体を照らし、時々雷雲の切れ端が空全体を覆います。安定した晴れ間が続くようになったのは1時を回ってからでした。

明け方まで早くなったので、残りの時間で超新星2018zdと、その近くにいるパンスターズ彗星(C/2016 N6)を撮影。それで終了となりました。両天体とも光度はほとんど変わらず。パンスターズ彗星は相変わらず尾が全く見えません。両画像も約60分露出。

  • 20180325_2018zd in NGC2146

    2018zd in NGC2146
  • 20180325パンスターズ彗星(C/2016 N6)

    パンスターズ彗星(C/2016 N6)


今日の太陽と花粉光環2018/03/25

20180325太陽
朝からよく晴れています。若干風が吹いていますが暖かい日和です。

20180325太陽リム
左は9:40頃の太陽。活動領域はありません。右上リムに出ているプロミネンスが若干幅広いですね。

20180325花粉光環
今日も花粉光環が出ていました(右画像)。観察した感じでは昨日とほぼ同じ程度の濃さに見えました。


(夕方追記)
夕日の中に濃い花粉光環が出ていたので、太陽を物干し竿で隠して撮影しました。下のA画像は撮ったままの画像、B画像は空から夕焼け色を減算し、色調調整したもの。光環が縦長になっていますね。

  • 20180325花粉光環(夕方)

    A.夕方の花粉光環
  • 20180325花粉光環(夕方)

    B.夕方の花粉光環(色補正)


2018年の台風3号が発生2018/03/25


20180325-1500台風3号
昨日発生していた熱帯低気圧は、本日15:00に2018年の台風3号「ジェラワット/JELAWAT」となりました。直前の台風2号発生から42日、2号消滅からは39日6時間が経過しています。

左は発生した15:00の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。赤点円は台風中心の直径1000km円。

気象庁によると、現在は低緯度を西進していますが、3日ほどかけて北向きに進路を変える見込みです。そのあと更に北東へ向きを変えるようですが、今週末あたりに日本の近海や小笠原の島々に接近するかも知れませんね。どうぞご注意ください。お花見に影響しないと良いのですが…。