火星と天の川のコラボが素晴らしすぎる2018/03/24

20180324火星とM天体
明け方の空に輝く火星は、いま天の川の真っただ中に浮かんでいます。周囲には大小様々な星雲や星団がひしめき、例えようがないほど美しい光景となっています。

M42「オリオン大星雲」に引けを取らないほど大きなM8「干潟星雲」と、すぐ北側にあるM20「三裂星雲」は、まとめて楽しめる有名な観察領域。今週始めの19日から20日にかけて、ふたつの星雲の間を火星が通っていくチャンスがありました。でも残念なことにずっと天気が優れません。通過はおろか、接近した様子すら見ることができませんでした。

そろそろ離れてしまうので一緒に見ることは諦めなくちゃならないかな…そう思い始めていました。昨夜から今朝も曇り時々雨の空模様でしたが、明け方に天気を確認すると南天に晴れ間ができています。もう薄明が始まる時間でしたが大慌てで機材を組み上げ、セッティングもそこそこに撮影したのが左上画像です。

幸運なことに、火星をはじめ狙っていた全てのM天体が機材の写野に収まってくれました。背景がオレンジにモヤモヤしているのは雲ではなくて、天の川(銀河系)の星々です。

20180324火星とM天体
空が明るくなり始めていましたが、ビックリするほど透明度が良かったので余り影響を受けずに済みました。10分程度しか露出できませんでしたが、この光景を見ることができただけでも大満足。

右画像では主な天体しかマーカーを入れませんでしたが、もっとたくさんの天体を見つけることができます。火星はこのあと4月2日、球状星団M22に20′あまりまで接近、翌3日には土星に1°!5′あまりまで接近します。晴れたらぜひご覧ください。

参考:
2018年火星の地球接近に関する記事(ブログ内)

今日の太陽と花粉光環2018/03/24

20180324太陽
明け方まで曇りや小雨が続いてましたが、薄明が始まる頃から雲がなくなりました。朝からもよく晴れています。

20180324太陽リム
左は10時少し前の太陽。今日も極めて静穏。プロミネンスが何本か出ている程度でした。

20180324花粉光環
続いて太陽周囲の花粉光環を観察。こちらはしっかり見えました(右画像)。やはり雨上がりは出やすいですね。一日晴れそうなので、午後はもっと濃くなりそうです。

台風の卵が発生2018/03/24


20180324-1200熱帯低気圧
気象庁によると本日9時に「台風になるかも知れない熱帯低気圧」が発生したとのこと。

左画像は本日12:00の衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図加工等は筆者)。赤点円は熱帯低気圧を中心とした直径1000km円。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。小片に日本の位置部が見えますね。

この熱帯低気圧は17日15時の天気図から普通の低気圧として現れていました。ゆっくり暖められて勢力を徐々に拡大したのですね。中心が北緯5°ほどの赤道に近い海域を西進しているようです。しばらく注意してみましょう。

半月に暈がかかる2018/03/24

20180324月暈
天気予報に反して晴れ間の少ない週末でした。今夕の月はちょうど月面Xが姿を現していましたが、日没時点で月がどこにあるかさえ分からない曇り空でした。

19時を過ぎたころぼんやりした半月が上空に見え始めました。まだ雲がたっぷりかかっているので拡大撮影はキャンセル。その代わり、周囲に見えた淡い暈を楽しみました。カメラを向けるとちょうど冬のダイヤモンドが収まったので、暈と一緒に撮影(左画像)。どこに何が写っているかは右下画像を参考にしてください。

20180324月暈
今年から来年にかけては、いわゆる「月面Xの外れ年」です。昼間のうちに出現してしまうことが殆どで、出現を観察したい方には残念な年でしょう。(チャンスが全く無いわけではありません。)それでも夕空の月にX文字が書かれた様子は観察できますから、気楽に楽しんでくださいね。