地球接近直後のハインズ彗星、明け方には惑星接近も2018/01/06

20180106ハインズ彗星(C/2017 T1)
昨日は朝から曇り、午後から宵まで小雨が降るお天気でした。夜中に起きてみると雲が東に去り、ほぼ快星状態。雨の湿気で透明度が落ち、月明かりも加わって前夜ほど星々はクリアに見えません。でも昨日地球に接近したばかりのハインズ彗星(C/2017 T1)が気になるので観察しました。

左は0:30頃から約30分(30秒×60コマ)の露出で撮影したハインズ彗星。彗星位置基準コンポジットで、画像上方向が天の北方向です。尾の向きが更に左へ回転していました。日々変化するので、撮影する方はレイアウトに気を付けてくださいね。コマは昨日ほど大きく写っていません。透明度のせいなのか、彗星が遠ざかったせいなのか…。撮影時の位置は天の北極から22.4°ほどの角距離で、計算上は明日7日明け方にもっとも北寄りとなるでしょう。余談ですが、この画像の恒星の一部が太くなっていますね。これは0:54に発生した千葉県北西部を震源とする地震の影響で、当地・茨城南部でも震度4を記録しました。2コマぶん地震でぶれています。

20180106木星と火星
その後4時台には雲が流れ始めました。明け方の惑星観察が危ぶまれましたが、なんとか雲が薄くなったところを狙って撮影できました。気温がマイナス5度を下回る中、昨日よりグッと近くなった木星と火星。右画像は2日前の撮影と同一機材ですので比べてみてください。

各惑星の周囲にできる光環が地面に対して縦方向(右画像は上方向が天の北方向、左下が地面方向)に伸びて、いわゆる「光柱」を作っていました。蒸気の雲ではできない現象なので、氷粒の雲だったんでしょうね。

今朝も木星の四大衛星が全て見えていました。右からカリスト、エウロパ、ガニメデ、木星を挟んでイオ、の順です。撮影時の惑星間離角は約34.9′。満月直径よりほんの少し長い程度ですね。明日明け方は一番近くなり、この画像の半分以下です。晴れたらお見逃しなく!

参考:
ハインズ彗星(C/2017 T1)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2018/01/06

20180106太陽
朝のうち少し雲が残りましたが、午前中よく晴れました。でも午前9時頃まで気温がずっと氷点下という寒さです。今日と明日は寒い晴れ間が続く予定ですが、成人の日は暖かい曇り(or雨)になりそう。

20180106太陽リム
左は11:10過ぎの太陽。この画像では確認できませんが、右上に小さな黒点を伴う活動領域12693があります。左下リムにヒゲのようなプロミネンスがニョロリと伸びていたのが印象に残りました。